ログインまたはコンソールをアクセス

OK

クラウドのバックアップおよびリカバリ

最短レイテンシのリカバリメカニズムにより IT インフラストラクチャの安全なバックアップを実現

お問い合わせ

背景

ほとんどの伝統的な環境では、システムは定期的にローカルバックアップを行いますが、この方法では障害や災害の発生時にシステムの復元に時間がかかります。OSS との間のデータの送受信は Express Connect ネットワークで行われ、どの場所からも簡単にデータにアクセスできます。

ソリューションアーキテクチャ

このシンプルなアーキテクチャでは、OSS を使用して既存のアーキテクチャのバックアップをクラウド上に作成します。OSS との間のデータの送受信は通常 Express Connect ネットワークで行われるため、どの場所からも簡単にデータにアクセスできます。パブリッククラウド上のバックアップとリカバリのシナリオを実現するには、お客様のオンプレミス仮想マシンにインストールされたストレージゲートウェイを使用します。また、OSS のバケットへの接続を設定する必要があります。ストレージゲートウェイはデータセンターにインストールして、OSS に直接接続します。ストレージゲートウェイは NFS や iSCSI などの業界標準のプロトコルに対応し、オンプレミス環境と OSS の間に短レイテンシで安全な接続をシームレスに提供します。

特長

  • 強化されたセキュリティとコンプライアンス
  • ビジネス継続性とディザスタリカバリ
  • 任意の場所からのアクセス