クラウドファーストにおけるデータセンターのセキュリティ保護

ホワイトペーパーをダウンロードする

Alibaba Cloud Whitepapers & Ebooks

クラウドファーストにおけるデータセンターのセキュリティ保護

一般的な考え方とは異なり、クラウドとパブリックのデータセンターは、社内のインフラストラクチャと同じくらい安全です。しかし、2020 年までに世界の IT のワークロードの 92 %がクラウドデータセンターで稼働することが予想されているため、データセンターのサイバー攻撃の頻度と多様性は増加していきます。ビジネスリーダーは、クラウドとデータセンターのセキュリティを当然のこととして受けることはできません。大部分の IT ワークロードがパブリッククラウドで処理されるようになると、IT 管理者は以前よりもセキュリティの実際にコントロールすることが少なくなります。2016 年の平均 4 百万ドルという、継続的な違反の費用は、顧客との高い利益と評判を持つ組織ですら障害になる可能性があります。クラウドファーストの世界では、IT リーダーからの新しいセキュリティアプローチが求められます。市場の拡大するサイバーセキュリティサービスの中から選択する際には、分別する必要があります。どのような脅威が組織に大きなリスクをもたらしているのか、クラウドサービスプロバイダ(CSP)が責任を負うのか、どのデータセンターの最も一般的な脆弱性をどこで見つけて排除するのかについての認識が必要です。技術的な問題を修正するのではなく、クラウドサービスプロバイダとのコラボレーションや最新のテクノロジーを使用して脅威がデータセンターに及ぶ前にそれを特定するリスク管理の役割がますます高まっていきます。 このホワイトペーパーでは、以下についてご説明します。 •クラウドファーストの世界で組織が直面する最大のサイバーセキュリティリスク •クラウドで利用できる(驚くほど広い)セキュリティオプション •セキュリティに対する多層的かつ自動化されたアプローチにより、データセンタインフラストラクチャを保護するための手順 ITリーダーは、セキュリティのためにクラウドを信頼することができます。適切な先見性とサービスプロバイダーの戦略的選択により、すべての業界の企業は、クラウドがグローバル成長の潜在力を最大限に引き出すだけでなく、組織やデータをこれまで以上に安全なものにすることができます。