コンテナサービスのテクノロジー解説

ホワイトペーパーをダウンロードする

Alibaba Cloud Whitepapers & Ebooks

コンテナサービスのテクノロジー解説

仮想化はビジネス IT に革命をもたらしました。今、コンテナ化が再び起きています。2 つのテクノロジーの違いを理解し、それぞれを使用するタイミングを検討することは、あらゆる規模の組織で IT 効率を向上させる鍵となります。コンテナ化は、IT のバズワードの一つですが、正当な理由がないわけではありません。企業のコストをセーブし、サービスと製品開発時間を短縮する可能性を持っています。コンテナの力をまだ調査していなければ、単一の PC もしくはクラウドベースのクラスタで簡単にセットアップを行うことができます。Alibaba Cloud などのクラウドプロバイダを使えば、迅速かつ安価にコンテナクラスタを作成および管理できます。業界アナリストのガートナー社は、コンテナ管理ソフトウェアのマーケットガイドで、2020 年までに、世界の企業の 50 %以上が、コンテナ化されたアプリケーションを本番環境で稼働させると予測しています。2017 年初期の別の主要な調査では、69 %の企業が 2016 年の 52 %からコンテナへの投資を行っていることが分かりました。また、コンテナ技術に熟練した人材に 1 億ドル以上を投資する企業の割合は 2 倍になり、500 万ドルを超える投資比率は 2016 年から 2017 年にかけて 3 倍になると予測しています。このホワイトペーパーでは、テクノロジとその起源から、コンテナ化の利点の一部と、アーリーアダプターがまだ直面している問題と障害のいくつかについてご説明します。