クラウドレイテンシの解明

ホワイトペーパーをダウンロードする

Alibaba Cloud Whitepapers & Ebooks

クラウドレイテンシの解明

ユビキタスインターネット以前は、待ち時間の把握は比較的容易でした。アプリケーションの間のルータホップ数を数えただけです。ネットワークレイテンシは基本的に、ソースからホップを経てアプリケーションに移動するときにデータパケットが経験した遅延です。大企業は、すべてのルータではなくても、ほとんどのルータを所有することでこの大部分をコントロールしていました。ネットワークの遅延はありますが、これらは測定と予測が可能で、期待値を設定しながら改善することができます。インターネットはこれを変えました。共有のオフサイトのインフラストラクチャでは、ネットワークの待ち時間を計算する作業が複雑になりました。微妙なものは、特にクラウドサービスプロバイダーのインフラストラクチャとデータセンターへのリンクを含むものです。そして、それらはレイテンシに影響するため、レイテンシの管理が重要になってきています。多くのユーザーがテクノロジーを日常的に利用するようになるにつれ、速い接続性が与えられていると信じるようになります。消費者が有線または無線で高速ブロードバンドに簡単にアクセスできるようになると、エンタープライズネットワークも同じようになることが期待されます。クラウドは問題をさらに強調させました。多くの企業は、コスト効率、スケーラビリティ、俊敏性のためにパブリックの共有インフラストラクチャの恩恵を受けられると考えているため、社内のサーバー指向の IT インフラストラクチャを、サービスプロバイダーによって管理されホストされているネットワーク指向のインフラストラクチャに移行しています。マシン間の取引、自動化、認知コンピューティング、および高頻度のトレーディングなどの高速ビジネスの増加に伴い、導入、評判、収益および顧客満足度が注目を集めています。アプリケーションがレイテンシに厳しくなると、特にエンドユーザーによる遅れや遅延に対する許容範囲がほぼゼロになるため、アプリケーションの開発はネットワークの待ち時間の影響を受けます。