Wi-Fi クラウドソリューション

詳細な行動分析によって大量の Wi-Fi ユーザーを効率的に管理して、高度なサービスを提供しましょう。Alibaba Cloud Wi-Fi ソリューションでは、Alibaba Cloud とビッグデータインフラストラクチャを使用して大量のデータを保存、分析することにより、パブリック Wi-Fi サービスプロバイダーが効率的にユーザを管理することを実現します。

推奨アーキテクチャ

ソリューションの説明

  1. 1. Wi-Fi アクセス認証:
  2. ユーザーは、Wi-Fi の届くエリアに入ると、適切な認証を受ける必要があります。ユーザーの認証情報はWi-Fi アクセスポイントからクラウド Wi-Fi プラットフォームへ、そしてサーバーロードバランサーを通じて、対応する ECS 認証サーバーに送信されます。ユーザーのログイン情報は ApsaraDB for Memcache との統合によって保存されます。認証が完了すると、Wi-Fi ネットワークにアクセスできるようになります。
  3. 2. ユーザーの Web 行動:
  4. ユーザーの Web 行動を分析管理しやすくするため、ユーザーの Web 行動をデータベースに保存できるように、Wi-Fi アクセスポイントをクラウド Wi-Fi プラットフォームにアップロードする必要があります。Web 行動のデータは、サーバーロードバランサーを通じて複数のデータ収集 ECS サーバーのいずれかに転送され、データ収集サーバーはそのデータをバックエンドデータベースに書き込みます。データの保存には、ApsaraDB for RDS を使用できます。データ量が大きすぎて単独のデータベースでは処理できない場合は、Alibaba Cloud Distributed Relational Database Service をお勧めします。
  5. 3. データ指向マーケティング:
  6. Wi-Fi サービスプロバイダーはユーザーの Web 行動を分析し、その分析結果に基づいてマーケティングキャンペーンを展開して Wi-Fi データをマネタイズします。Alibaba Cloud では、ユーザーに関する大量の Web 履歴データを保存、処理するために Open Data Processing Service (ODPS) を提供しています。データ分析の結果はカスタマイズされ、ECS サーバーによってプッシュされます。オブジェクトイメージを含むマーケティングコンテンツは、Object Storage Service (OSS) に保存し、Wi-Fi 接続された携帯電話に CDN によって配布できます。


ソリューション主導

従来の IT モデルの欠点
柔軟、低コスト
Wi-Fi ビジネスに参入する起業家が、ビジネスの立ち上げフェーズにマシンルームを探し、ラックを借り、サーバーを購入してシステムをインストールすることは、時間と資金の両面で大きな負担です。さらに、ビジネスの成長に合わせて短期間でネットワーク、サーバー、データベースのリソースを拡大することには困難が伴います。
サーバー、ネットワーク、データベースの各リソースは、すぐに使用できるように準備されており、数分で有効化でき、ビジネスの発展に合わせて柔軟にサイズを変更できます。IT コスト、運用と保守の人員、システムのデプロイメント時間は、従来型の IT モデルと比較してそれぞれ 50%、80%、90% 削減されます。
大量のデータのストレージとクエリに関する課題
高品質ネットワーク
ビジネス開発のために、ユーザーの最近のアクセス記録が保存され、具体的なシナリオに応じてクエリを実行できます。従来の IT モデルでは、大量のデータを保存するには多額のコストがかかる一方で、クエリのパフォーマンスは低いものでした。
各リージョンの Alibaba Cloud データセンターは、マルチライン BGP ネットワークアクセスを備えています。固定ネットワーク、モバイルネットワークのいずれであっても、クラウド Wi-Fi プラットフォームに接続する Wi-Fi アクセスポイントにとって最適なネットワーク品質が保証されます。Alibaba Cloud は、世界中で拡大している Wi-Fi サービスプロバイダーの業務を支えるために、海外のデータセンターを拡張しています。
貧弱なビッグデータ分析能力
大量データ処理
Wi-Fi ユーザーの Web アクセス記録と大量のデータの追跡が Wi-Fi サービスプロバイダーによって蓄積されます。しかし、多くの Wi-Fi プロバイダーはビッグデータを分析する機能を持っていないため、Wi-Fi ユーザーの詳細な分析や Wi-Fi データのマネタイズができません。
Alibaba Cloud Distributed Relational Database Service は、ユーザーの Web 行動データという大量のデータを保存、照会する際の課題を効果的に解決することができます。一方、Alibaba Cloud Open Data Processing Service (ODPS) は、大量の履歴データを保存、処理する難しさを効果的に解決できます。