不動産ソリューション

Alibaba Cloud は、高度なクラウドコンピューティングサービスとモバイルインターネット技術を利用して、不動産設備のデータをリモートで収集、分析、格納する便利でシンプルかつ拡張性の高いソリューションを提供しています。 分散アーキテクチャをベースにしたソリューションが提供する、拡張性と信頼性に優れた安全なサービスにより、不動産設備のデータをシームレスに格納、アクセス、および処理することができます。

推奨アーキテクチャ

ソリューションの説明

  1. 不動産設備の管理クラウドプラットフォームは、IoT ステージ、サービスゾーン、ビッグデータ分析ステージ、セキュリティステージの 4 つで構成されています。
  2. 1. IoT ステージ: データ通信サーバークラスターは、不動産設備のデータを収集および処理することを目的としています。データはストリーム処理サーバーのクラスターに送信され、リアルタイムで処理されるほか、異常なデータや矛盾しているデータがモニターされます。ストリーム処理サーバークラスターは、データについて管理者に通知してから、データを分析ノードに渡します。
  3. 2. サービスステージ: Web アプリケーションサーバークラスターは設備のブラウザーに接続し、ネットワーク経由で設定されたすべての設備を管理者がリモートで管理および制御できるようにします。
  4. 3. ビッグデータ、ビジネスインテリジェンス、および分析ステージ: ApsaraDB for RDS クラスターにより、Distributed Relational Database Service を利用して設備データが格納され、リアルタイムのクエリサービスがすべてのユーザーに提供されます。データは ODPS クラスターと同期されます。このクラスターは、データ分析モデルに基づいて統計分析とさまざまな予測を実行します。データ分析の結果は DPC ノードを介して送信され、サービスアナリストによって調整されます。
  5. 4. セキュリティ: Server Load Balancer と水平拡張が可能な ECS クラスターをソリューションの IoT ステージとサービスステージで使用して、高度に並列的なデータ収集の信頼性を可能な限り高めます。


ソリューション主導

従来の IDC のリソースデプロイメントは低速で、非常に高くつきます。サービスの開発状況に応じて、IDC アーキテクチャを調整する必要があります。つまり、新しいリソースのアップグレードや既存のリソースの交換のために投資しなければならないことがあります。リソースが緊急に必要な場合も、要求に応じるためのプロセスは低速で、コストがかかります。
Alibaba Cloud のプロダクトはオンデマンドで使用し、迅速にデプロイできます。ビジネスの拡大に応じて、クラウドネットワークの規模をいつでも弾力的に変更して、変化する要件に対応できます。
設備のデータはリアルタイムで収集する必要があります。また、大量のデータを同時に書き込む必要もあります。従来の不動産業界ではこれに対応するのが困難です。
アプリケーションシステムの分散アーキテクチャをベースにした Alibaba Cloud のプラットフォームは、高度なデータ同時処理機能を備えており、ネットワーク接続された何千万もの産業設備にサービスを提供できます。
データストレージ容量が限られていると、データの収集と分析能力が低下します。
クラウドプラットフォームには、さまざまなデータ分析サービスと強力なコンピューティングコアが用意されています。不動産ネットワークソリューションでは、さまざまなアルゴリズム、分析モデル、複数の種類のデータ統合により、ビジネスの真価を引き出すのに必要な特定のデータを見つけ出すことができます。
従来の高可用性プラットフォームを構築して、ローカルおよびリモートのディザスタリカバリバックアップを効率的に処理できるようにするには、多くのリソースと技術に対する大規模な投資が必要です。
このクラウドインフラストラクチャは、ネットワークアプリケーションシステムを保護する一連のセキュリティサービスを備えています。高度なセキュリティ機能により、最大数百ギガバイトの DDoS 攻撃を防ぐだけでなく、他の攻撃から保護することもできます。