API Gateway

パフォーマンスと可用性に優れた API のフルマネージドサービスです。API の公開、バージョン管理、監視、セキュリティ保護などを行います。

Alibaba Cloud API Gateway は API のデプロイ、管理、メンテナンス、および利用状況の可視化など API ライフサイクル管理を提供します。シンプルかつ高速なマイクロサービス統合、フロントエンド、バックエンドの分離、および低コスト・低リスクのシステム統合が可能になります。パートナーおよびサードパーティの開発者と機能およびデータを共有することもできます。

利点

生産性の向上
API Gateway に API をデプロイすると、API 管理の手間から解放されます。API ドキュメントのメンテナンス、SDK のメンテナンス、API のバージョン管理などの面倒なタスクは、API Gateway がユーザーに代わって行います。これにより、日常的なメンテナンスコストが大幅に削減されます。
従量課金
日常的な API 管理、ドキュメントの生成、SDK の生成、リクエスト制御、アクセス管理については課金されません。API 呼び出し回数と、それに伴うトラフィック量に対して料金が発生します。
Auto Scaling およびハイパフォーマンス
分散デプロイメントおよび自動スケーリングにより、大量の API アクセスリクエストの処理が可能です。また、バックエンドサービス向けに高安全性と低レイテンシのゲートウェイ機能を提供します。
安全かつ安定
セキュリティの問題に頭を悩ませることなく、イントラネット環境でサービスを API Gateway に公開できます。厳格なアクセス管理、正確なリクエスト制御、包括的なアラームとモニタリングの機能も提供されており、安全かつ安定したサービスを実現します。

特徴

  • API 管理が簡単

    使いやすい API 管理ツールおよび機能を提供します。


    API ライフサイクル管理

    API のリリース、テスト、削除など、幅広いライフサイクル管理機能を提供します。また、API の管理、バージョン管理、迅速なロールバックなどの、日常的なメンテナンス機能を提供します。


    自動化ツール&ドキュメント

    オンラインで閲覧可能な API ドキュメント、複数のプログラミング言語のデモ用 SDK を自動生成することができます。これにより、API の運用と管理のコストを削減できます。また、コンソール上で可視化されたデバッグツールが提供されており、API をすばやくテストできます。

  • 安全かつ安定

    権限管理、スロットリング、モニタリング、およびアラーム機能を提供します。


    セキュリティ

    API リクエストが API Gateway を通過してバックエンドサービスに到達するには、ID と権限が認証される必要があります。HMAC 認証アルゴリズム (SHA-1、SHA-256) および SSL 暗号化機能をサポートしています。


    スロットリング

    スロットル制限により 1 分、1 時間、 または 1 日以内に呼び出せる API 呼び出し回数の上限を設定できます。この機能により、企業のバックエンドサービスを保護し、ビジネスおよびユーザーに優先順位を付けることができるようになります。
    ビジネスを安定して経営できるように、 API の優先順位に基づくトラフィックスロットリングをサポートします。
    重要なユーザーに対するサービス稼働時間を確保できるように、ユーザーまたはアプリケーションの優先順位に基づくトラフィックスロットリングをサポートします。
    バックエンドサービスの障害はサーキットブレーカーを使用して処理することもできます。

  • リクエスト管理

    バリデーションチェックして無効なリクエストを除去します。パラメータをマッピングして変換することで、API で複数のサービスが使用可能になります。


    パラメーターの検証

    パラメーターの型と値 (範囲、列挙、正規表現、JSON スキーマ) の検証機能を備えています。パラメーターの型と値が無効な場合、即座に拒否されます。このため、無効なリクエストによるバックエンドリソースの浪費がなくなり、バックエンドサービスの処理コストが大幅に削減されます。


    パラメーターの変換

    API Gateway により、バックエンドサービスを異なるニーズに合ったフォームに変換するためパラメーターマッピング規則を作成できます。これにより、サービスごとに同じ機能を開発する無駄を防げます。

  • モニタリングとアラーム

    Cloud Monitor と連携すると、モニタリングおよびアラーム機能を使用できます。この機能は引き続き改善中です。


    モニタリングとアラーム

    呼び出し量、トラフィック量、応答時間、エラー率など、視覚的なリアルタイムの API モニタリング機能を提供します。モニタリングの対象は、カスタマイズ可能です。また、履歴データの照会が可能で、全体的な分析に役立ちます。さらに、アラート方法 (メールなど) を設定することで、警告情報をリアルタイムに取得できるため、API の動作ステータスを把握することができます。

  • API Market

    API の管理から収益化までオールインワンで実現することができます。


    API Market

    API Gateway で管理する API は API Market にサービスとして登録することができます。API Gateway および API Market では、API の請求、クォータ制御、操作、および収益化などの機能を使用できます。

利用イメージ

  • API エコノミーを積極的に活用
  • API を利用したエンタープライズエコシステムの構築
  • 複数の機能を集約したサービスシステムを構築
  • システムインテグレーション
API エコノミーを積極的に活用

API エコノミーを積極的に活用

API エコノミーを積極的に活用して新たなビジネスモデルを構築

企業はユーザーの増加とニーズの多様化に直面しており、顧客ごとに異なる問題を解決するために、新しいビジネスモデルを絶えず模索する必要があります。そのため、企業はサービスを API に標準化し、他のパートナーと開発者に公開し、各自のアプリに組み込ませることが必要になります。これにより新たなサービスが生み出され、自社のビジネスエコシステムを確立するほか、組織を超えたイノベーションの促進に役立ちます。

利点

  • API 収益化

    API を API Market に登録して API 収益化を図ることができます。開発者は API Market で API を購入することで、必要な機能、サービス、およびデータを取得することができます。

  • 機能の購入

    サードパーティの機能およびサービスを API Market で購入できます。これにより、無駄な開発を排除し、ビジネスの発展に向けたリソースの集中が可能になります。

API を利用したエンタープライズエコシステムの構築

API を利用したエンタープライズエコシステムの構築

API エコシステムで強力なパートナーシップを実現

企業が現在直面する課題に対応するには信頼できるパートナーシップが必要です。API エコシステムにより、API でサービス、機能、およびデータをパートナーと共有でき、システムの統合が可能になります。これにより、強力なパートナーシップが実現します。

利点

  • パートナーシップ

    オープン API を使用して自社のシステムとパートナーのシステムを統合することが可能になります。これにより、強力なパートナーシップを構築でき、共に発展を促進することができます。

  • エンタープライズエコシステム

    オープン API で多種多様な業界や企業とのパートナーシップを拡大・構築することが可能になります。

複数の機能を集約したサービスシステムを構築

複数の機能を集約したサービスシステムを構築

複数の機能を集約して 1 つのサービスシステムを構築

モバイルや IoT デバイスの普及が進む中で、多様なデバイスをサポートさせるため、システムが複雑になりがちで、よりシンプルな通信の仕組みが必要となります。共通の API を API Gateway に登録することで、今までの複雑な通信の仕組みをシンプルにすることができます。

利点

  • API 統合

    管理する必要があるのは 1 つのサービスシステムだけで、そこからスマホアプリ、IoTデバイス、Webなど複数の端末に API の機能を提供します。

  • 運用や管理のコストを削減

    1 つの API でさまざまなシナリオに対応できるため、運用や管理のコストが大幅に削減されます。

システムインテグレーション

システムインテグレーション

標準化・正規化されたシステムインテグレーション

スピードは企業が成功するために重要な要素の 1 つです。しかし、成長が速いとプロダクト開発の計画が間に合わず、リソースを無駄にする結果となる可能性があります。API Gateway を使用すると、企業システムの統合が可能になり、それを回避することができます。

利点

  • 標準化されたシステムインテグレーション

    システム間のインターフェイスを標準化し、その標準化されたインターフェイスを使用してシステムを統合することができます。

  • ビジネス開発にフォーカス

    リソースの迅速な統合と管理、企業の急速な成長や拡張に伴う機能の重複や無駄な開発を排除し、ビジネスの発展に向けたリソースの集中が可能になります。