edit-icon download-icon

OSSオブジェクトへのアクセスログを見つける方法

最終更新日: Feb 14, 2018

OSS 内のオブジェクトへのアクセス記録を表示するには、OSS でロギングを有効にする必要があります。OSS のバケット属性では、ロギングを有効にし、ログを格納するバケットを設定できます。設定の手順を見つけることができます。

OSS ロギングでは、オブジェクトにアクセスした時間を記録できます。ユーザーは、一定期間内のオブジェクトに関する操作に関する情報を見つけることができます。各操作ログでは、「リモート IP」フィールドにはリクエストイニシエータの IP アドレスが記録され、「操作」フィールドにはアクセスリクエストのタイプが記録されます。2 つのフィールドおよび時間は、リクエストイニシエータの IP アドレスおよびオブジェクトファイルにアクセスするために使用されるリクエストタイプを識別するために使用することができます。

ログファイルの形式については、サーバーアクセスログを参照してください。