このトピックでは、Terraform をインストールして構成する方法、および Terraform を使用して OSS を管理する方法について説明します。

Terraform をインストールして設定

Terraform を使用する前に、次の手順に従って Terraform をインストールおよび設定をします。

  1. お使いのオペレーティングシステムに適したインストールパッケージを 『Terraform の公式 Web サイト』からダウンロードしてください。 このトピックでは、例としてTerraform を Linux にインストールして構成します。
  2. インストールパッケージを /usr/local/bin のパスに抽出します。 実行可能ファイルを別のパスに抽出する場合は、そのパスをグローバル変数に追加する必要があります。
  3. パス検証コマンドを実行します。 利用可能な Terraform オプションのリストが表示されれば、Terraform は正常にインストールされています。
    [root@test bin]#terraform
    Usage: terraform [-version] [-help] <command> [args]
  4. RAM ユーザーを作成して承認
    1. RAM コンソールにログインします。
    2. Terraform という名前の RAM ユーザーを作成し、そのユーザーの AccessKey を作成します。 詳しくは、「RAM ユーザーの作成」をご参照ください。
    3. RAM ユーザーを承認します。 必要に応じて Terraform RAM ユーザーに適切な権限を追加します。 詳細な手順については、「RAMユーザーを承認する」をご参照ください。
    重要 データセキュリティを維持するため、Terraform の設定に Alibaba Cloud アカウントの AccessKey を使用しないでください。
  5. Terraform プロジェクトごとに別々のディレクトリを作成する必要があります。 したがって、最初にテストディレクトリ terraform-test を作成します。
    [root@test bin]#mkdir terraform-test
  6. terraform-test ディレクトリに入ります。
    [root@test bin]#cd terraform-test
    [root@test terraform-test]#
  7. 構成ファイルの作成 Terraform は実行時にディレクトリ内のすべての *.t ファイルと*.tfvars ファイルを読み込みます。 したがって、必要に応じて構成情報をさまざまなファイルに書き込むことができます。 いくつかの一般的な構成ファイルは次のように記述されます。
     provider.tf: プロバイダーを設定するために使用されます。
     terraform.tfvars: プロバイダの設定に必要な変数を設定するために使用されます。
    varable.tf: ユニバーサル変数を設定するために使用されます。
    resource.tf: リソースを定義するために使用されます。
    data.tf: パッケージファイルを定義するために使用されます。
    output.tf: 出力を設定するために使用されます。
    たとえば、provider.tf ファイルを作成するときは、認証情報を次のように設定します。
    [root@test terraform-test]# vim provider.tf
    provider "alicloud" {
        region           = "cn-beijing"
        access_key  = "LTA**********NO2"
        secret_key   = "MOk8x0*********************wwff"

    構成についての詳細は、「alicloud_oss_bucket」をご参照ください。

  8. 作業ディレクトリの初期化
    [root@test terraform-test]#terraform init
    
    
    Initializing provider plugins...
    - Checking for available provider plugins on https://releases.hashicorp.com...
    - Downloading plugin for provider "alicloud" (1.25.0)...
    
    
    
    
    The following providers do not have any version constraints in configuration,
    so the latest version was installed.
    
    
    To prevent automatic upgrades to new major versions that may contain breaking
    changes, it is recommended to add version = "..." constraints to the
    corresponding provider blocks in configuration, with the constraint strings
    suggested below.
    
    
    * provider.alicloud: version = "~> 1.25"
    
    
    Terraform has been successfully initialized!
    
    
    You may now begin working with Terraform. Try running "terraform plan" to see
    any changes that are required for your infrastructure. All Terraform commands
    should now work.
    
    
    If you ever set or change modules or backend configuration for Terraform,
    rerun this command to reinitialize your working directory. If you forget, other
    commands will detect it and remind you to do so if necessary.
    
    
    重要 Terraform プロジェクト用のディレクトリと設定ファイルを作成した後、ディレクトリを初期化する必要があります。

上記の手順の完了後、Terraform を使用できます。

Terraform を使った OSS の管理

Terraform をインストールした後、Terraform でコマンドを実行して OSS を管理します。 いくつかの一般的なコマンドは次のとおりです。
  • terraform plan: このコマンドを実行して、構成ファイルによって実行される操作を表示します。
    たとえば、次のようにバケットの作成に使用される "test.tf" という名前の設定ファイルを追加します。
    [root@test terraform-test]#vim test.tf
    resource "alicloud_oss_bucket" "bucket-acl"{
      bucket = "figo-chen-2020"
      acl = "private"
    }
    この場合、 terraform plan コマンドを実行し、 "test.tf" によって実行される操作を表示します。
    [root@test terraform-test]# terraform plan
    Refreshing Terraform state in-memory prior to plan...
    The refreshed state will be used to calculate this plan, but will not be
    persisted to local or remote state storage.
    
    
    ------------------------------------------------------------------------
    
    An execution plan has been generated and is shown below.
    Resource actions are indicated with the following symbols:
      + create
    
    Terraform will perform the following actions:
    
      + alicloud_oss_bucket.bucket-acl
          id:                <computed>
          acl:               "private"
          bucket:            "figo-chen-2020"
          creation_date:     <computed>
          extranet_endpoint: <computed>
          intranet_endpoint: <computed>
          location:          <computed>
          logging_isenable:  "true"
          owner:             <computed>
          referer_config.#:  <computed>
          storage_class:     <computed>
    
    
    Plan: 1 to add, 0 to change, 0 to destroy.
    
    ------------------------------------------------------------------------
    
    Note: You didn't specify an "-out" parameter to save this plan, so Terraform
    can't guarantee that exactly these actions will be performed if
    "terraform apply" is subsequently run.
  • terraform apply: このコマンドを実行すると、作業ディレクトリ内の設定ファイルを実行します。
    たとえば、 figo-chen-2020 という名前のバケットを作成する場合は、次のように、バケットの作成に使用される "test.tf" という名前の設定ファイルを追加する必要があります。
    [root@test terraform-test]#vim test.tf
    resource "alicloud_oss_bucket" "bucket-acl"{
      bucket = "figo-chen-2020"
      acl = "private"
    }

    次のように terraform apply コマンドを実行し、設定ファイルを実行します。

    [root@test terraform-test]#terraform  apply
    
    An execution plan has been generated and is shown below.
    Resource actions are indicated with the following symbols:
      + create
    
    Terraform will perform the following actions:
    
      + alicloud_oss_bucket.bucket-acl
          id:                <computed>
          acl:               "private"
          bucket:            "figo-chen-2020"
          creation_date:     <computed>
          extranet_endpoint: <computed>
          intranet_endpoint: <computed>
          location:          <computed>
          logging_isenable:  "true"
          owner:             <computed>
          referer_config.#:  <computed>
          storage_class:     <computed>
    
    
    Plan: 1 to add, 0 to change, 0 to destroy.
    
    Do you want to perform these actions?
      Terraform will perform the actions described above.
      Only 'yes' will be accepted to approve.
    
      Enter a value: yes
    
    alicloud_oss_bucket.bucket-acl: Creating...
      acl:               "" => "private"
      bucket:            "" => "figo-chen-2020"
      creation_date:     "" => "<computed>"
      extranet_endpoint: "" => "<computed>"
      intranet_endpoint: "" => "<computed>"
      location:          "" => "<computed>"
      logging_isenable:  "" => "true"
      owner:             "" => "<computed>"
      referer_config.#:  "" => "<computed>"
      storage_class:     "" => "<computed>"
    alicloud_oss_bucket.bucket-acl: Creation complete after 1s (ID: figo-chen-2020)
    
    Apply complete! Resources: 1 added, 0 changed, 0 destroyed.
    設定ファイルを実行した後、 figo-chen-2020"バケットが存在しない場合は、新しいバケットが作成されます。 "figo-chen-2020" バケットがすでに存在し、Terraform によって作成された空のバケットである場合、そのバケットは削除され、同じ名前の新しいバケットが作成されます。
  • terraform destroy: Terraform によって作成された空のバケットを削除するには、このコマンドを実行します。
  • terraform import: Terraformによって作成されていないバケットをインポートするには、このコマンドを実行します。
    まず、 main.tf という名前の設定ファイルを作成し、次のようにファイルに設定を追加します。
    [root@test terraform-test]#vim main.tf
    resource "alicloud_oss_bucket" "bucket" { 
     # (resource arguments)
    }

    次に、次のコマンドを実行して既存のバケットをインポートします。

    terraform import alicloud_oss_bucket.bucket bucketname

参考資料

  • その他のバケット設定の例については、「alicloud_oss_bucket」をご参照ください。
  • その他のオブジェクト設定例については、「alicloud_oss_bucket_object」をご参照ください。