1 つの物理接続にエラーが発生したときにトラフィックが他の物理接続に確実に配信されるようにするには、VBR のヘルスチェックを設定する必要があります。

始める前に

冗長物理接続を確立し、VPC のローカルデータセンターへの ECMP ルートが追加されていることを確認してください。

このタスクについて

Alibaba Cloud は、2 秒ごとに各ヘルスチェック IP アドレスからローカルデータセンターのユーザー側の IP アドレスに ping パケットを送信します。 1 本の専用回線上で連続した 8 つの ping パケットが応答しない場合、トラフィックは他の専用回線に配信されます。
Cisco デバイスなどのコントロールプレーンポリシング (Copp)、または Huawei デバイスのローカルアタック防御ポリシーがローカルデータセンターで設定されている場合、ヘルスチェックパケットが破棄され、ヘルスチェックリンクに支障をきたす可能性があります。 ローカルデータセンターにあるネットワークデバイス上の制御側の速度制限を取り消すことを推奨します。


手順

  1. Express Connect コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[VPC ピアリング接続] > [VBR-VPC 接続] をクリックします。
  3. 対象のピアリング接続を見つけ、 > [ヘルスチェック] をクリックします。
  4. [設定] をクリックし、次の情報に基づいてヘルスチェックを設定します。
    設定 説明
    ソース IP VPC 内のアイドル状態のプライベート IP アドレス
    宛先 IP ローカルデータセンターのネットワークデバイスのインターフェイス IP アドレス