edit-icon download-icon

概要

最終更新日: Jun 10, 2019

Function Compute を使用すると、ユーザーはサービスを作成、および更新して、徐々にプロダクトの性能を向上させることができます。多くの場合、ユーザーはサービスの最近の変更を元に戻す必要があるか、単に変更の履歴を追跡する必要があるだけかもしれません。バージョンとエイリアスの機能を使って Function Compute でコードを管理するための優れたサポートをユーザーに提供します。

バージョンの紹介

Function Compute は、ユーザーにサービスレベルのバージョン管理を提供します。バージョンは、サービス設定、関数のコード、および設定などのサービスのスナップショットです。
Function Compute を使用すると、1 つ以上のサービスのバージョンを公開できます。ユーザーがバージョンを公開するたびに、Function Compute は LATEST サービスからスナップショットを取得し、それに関連付けられた一意のバージョン名を生成します。その結果、どのバージョンを起動またはデプロイするかを指定することで、コードのさまざまなバリエーションを扱うことができます。さらに、「バージョン」 を 「エイリアス」 と組み合わせて使用することで、ソフトウェア開発における多くのライフサイクルシナリオを処理でき、継続的な連携プロセスを促進できます。

エイリアスの紹介

概念的には、エイリアスは特定のサービスのバージョンへのポインタであり、変更することができます。エイリアスはサービスのバージョンのみを指すことができ、他のエイリアスを指すことはできません。
Function Compute を使用すると、サービス内に 1 つ以上のエイリアスを作成できます。関数を呼び出すときにエイリアスを指定できます。Function Compute は、このエイリアスが指すサービスのバージョンに属する関数を呼び出します。その結果、開発、ベータ、本稼働といった、さまざまなサービスのバリエーションを維持できるようになりました。

利用シーン

intro

クライアントが指すバージョンを変更するだけで、サービストラフィックパターンを設定できます。

開発コードベースと本番コードベースを分離することができます。たとえば、バージョン管理がない場合は、変更を加えるたびに、すぐ本番環境に影響します。本番用のコードと開発用のコードを区別することはできません。バージョン管理を使用すると、オンラインリクエストに応えるために新しいバージョンを公開し、 LATEST バージョンで開発を続けることができます。

対応するエイリアスを更新するだけで、新しいバージョンのプロモート、ロールバック、およびダークローンチを実行できます。たとえば、エイリアスがないと、新しいバージョンを公開するたびにトリガーを更新する必要があり、サードパーティは正しいバージョンを呼び出すには、そのリクエストを変更する必要があります。しかし、HTTP トリガーがエイリアス Prod を指し、Prod が何らかのバージョンを指している場合、新しいバージョンを本番環境にプロモートするには、エイリアス Prod を更新するだけでよく、サードパーティは何も変更する必要はありません。以前のバージョンにロールバックする必要がある場合も同様です。