Table Store は Alibaba Cloud によって開発された分散型マルチモデルデータベースで、強力なデータ処理サービスを提供するように設計されています。 現在、Table Store は大規模なデータストレージと効率的なデータアクセスを提供しています。

SearchIndex は、属性クエリ、あいまい検索およびソートを補完するために導入されました。 SearchIndex がないと、プライマリキーでしかテーブルをクエリできません。 SearchIndex は、さまざまな高度なクエリをサポートする新しいデータ構造です。 これらの高度なクエリには、複数の属性に対するアドホッククエリ、あいまい検索、フルテキストクエリ、ソート、範囲クエリ、入れ子になったクエリおよび空間クエリがあります。

現在、SearchIndex ベータ版は特定のリージョンで利用可能です。 Alibaba Cloud オフィシャルサイトの Table Store コンソールでベータ版を申し込むことができます。 SearchIndex のこのベータ版は無料です。

インデックスの同期

SearchIndex 機能を有効にしたら、テーブルに SearchIndex を作成できます。 テーブルに書き込まれたデータはストレージモジュールに格納されます。 書き込み操作が成功したことを示す応答を受け取ります。 その間、スレッドは、SearchIndex を構築するためにストレージモジュールから非同期にデータを読み取ります。 プロセス全体のレイテンシはミリ秒から数秒です。 インデックス作成時にレイテンシをチェックするために、RPO (Recovery Point Objective) モニタリングを提供します。 SearchIndex を非同期的に作成しても、Table Store の書き込みパフォーマンスには影響しません。

制限事項

SearchIndex は一連の高度なクエリを提供します。 以前のキー値ストレージモデルと比較したとき、次の機能はサポートされていません。
  • TTL: Time to Live (TTL) プロパティで指定されたテーブルに SearchIndexes を作成することはできません。
  • MaxVersion: Max Versions プロパティで指定されたテーブルに SearchIndexes を作成することはできません。
  • カスタムバージョン番号: 単一のバージョン番号で指定されたテーブルでは、書き込みごとにカスタムタイムスタンプを指定できます。 また、バージョン番号が大きいデータは、バージョン番号が小さいデータよりも先に書き込まれます。 バージョン番号が大きいデータはインデックスに書き込まれ、バージョン番号が小さいデータで上書きされる可能性があります。

シナリオ

SearchIndex は、以下のシナリオで使用できます。
  • メタデータ
  • 時空間データ
  • 時系列データ
  • 全文検索
詳細については、「より高いクエリパフォーマンスを提供するために、SearchIndex がテーブルストアで利用可能になりました」をご参照ください。