次の表に、Table Store の制限事項を示します。一部の制限は、推奨値ではなく使用可能な最大値を示しています。 より良いパフォーマンスを確保するために、テーブル構造と単一行のデータサイズを適切に設定してください。

項目 制限 説明
Alibaba Cloud ユーザーアカウントで作成されたインスタンスの数 10

制限を増やすには、チケットを起票し、サポートセンターへお問い合わせください

インスタンス内のテーブル数 64

制限を増やすには、チケットを起票し、サポートセンターお問い合わせください

インスタンス名の長さ 3 〜 16 バイト 大文字と小文字、数字、ハイフンを含めます。

文字で始まり、ハイフンでは終わりません。

「ali」、「ay」、「ots」、「taobao」、「admin」などの単語を含めないでください。

テーブル名の長さ 1 〜 255 バイト 大文字と小文字、数字、アンダースコアを含めます。

文字またはアンダースコアで始めます。

列名の長さ 1 〜 255 バイト 大文字と小文字、数字、アンダースコアを含めます。

文字またはアンダースコアで始めます。

プライマリキー列数 1 〜 4 列 少なくとも 1 列です。
文字列型プライマリキー列の値のサイズ 1 KB 単一のプライマリキー列の文字列型列値は 1 KB に制限されています。
文字列型属性列の値のサイズ 2 MB 単一属性列の文字列型列値は 2 MBに制限されています。
バイナリ型プライマリキー列値のサイズ 1 KB 単一のプライマリキー列のバイナリ型列値は 1 KB に制限されています。
バイナリ型属性列値のサイズ 2 MB 単一属性列のバイナリー型列値は 2 MB に制限されています。
単一行の属性列数 無制限 単一行には、無制限の量の属性列を含めることができます。
1 回のリクエストで書き込まれる属性列の数 1024 列 1 行に 1 つの PutRow、UpdateRow または BatchWriteRow 要求によって書き込まれた属性列の数
単一行のデータサイズ 無制限 単一行のすべての列名と列値データの合計サイズは無制限です。
単一テーブルに対する予約済み読み書きスループット 0 〜 5000

制限を増やすには、チケットを起票し、サポートセンターへお問い合わせください

読み取り要求の columns_to_get パラメーターの列数 0 〜 128 読み取り要求のデータ行で取得された列の最大数。
テーブルレベル操作 QPS 10 インスタンスに対するテーブルレベル操作の QPS は 10 を超えてはなりません。 表レベルの操作については、「表の操作」をご参照ください。
単一テーブルに対する UpdateTable オペレーションの数 Increase: 無制限 Lower: 無制限 各テーブルの予約済み読み書きスループットは、暦日 (UTC 時間の 00:00:00 から翌日の 00:00:00まで) 内で無制限に増減できます。
単一テーブルの UpdateTable 頻度 2 分ごとに最大 1 回の更新 単一テーブルの予約済み読み書きスループットは、2 分に 1 回の頻度を超えて調整することはできません。
1回の BatchGetRow リクエストで読み取られる行数 100 N/A
1 回の BatchWriteRow 要求によって書き込まれる行数 200 N/A
1 回の BatchWriteRow リクエストのデータサイズ 4 MB N/A
1 回の GetRange オペレーションによって返されるデータ 5,000 行または 4 MB 1 回の操作で返されるデータは 5000 行または 4 MB を超えることはできません。 そうでなければ、余分なデータは返されたトークンで読み込まれます。
HTTP リクエストボディのデータサイズ 5 MB N/A