コンソールまたは API により、t5 インスタンスを作成し、作成したインスタンスタイプを変更できます。

インスタンスの作成

t5 インスタンスは、以下のような「ウィザートを利用したインスタンスの作成」から作成できます。 t5 インスタンスの作成の際には、以下の設定を考慮します。

  • ネットワークタイプ: VPC のみサポートされます。

  • イメージ: t5 インスタンスに対する最大のメモリサイズは 512 MiB です。Linux または Windows Server 1709 オペレーティングシステムのみ選択できます。 最小で 1 GiB のメモリが必要なオペレーティングシステム、Windows Server 2016 などはサポートされません。 イメージの選択について詳しくは、「システムイメージの選択方法」をご参照ください。

  • t5 インスタンスタイプ: [T5 インスタンスの無制限モードの有効化] チェックボックスをオンにして、パフォーマンス制約のない t5 インスタンスを作成します。 [T5 インスタンスの無制限モードの有効化] チェックボックスがオフの場合、t5 標準インスタンスが作成されます。 t5 インスタンスの作成後にモードを変更することができます。

t5 インスタンスの実行モードの変更

t5 インスタンスのライフサイクル内であれば、リアルタイムでコンソールまたは API ModifyInstanceAttributeを介して、"標準" と "無制限" の間で実行モードを変更できます。

実行モードの変更前は、t5 インスタンスは "実行中" 状態 (Running)にある必要があります。

コンソールでの実行モードの変更は以下の手順に従います。

  1. [ECS コンソール] にログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウから [インスタンス] をクリックします。
  3. リージョンを選択します。
  4. インスタンスのリストで、対象となるインスタンスを検索し、[インスタンス ID] をクリックします。
  5. [インスタンスの詳細] ページの [基本情報] 部分で、[詳細] をクリックします。無制限モードに変更するために [クレジット指定モードの切り替え] をクリックします。 標準モードに戻すには [クレジット指定モードの切り替え] を再度クリックします。

以下の表では、t5 インスタンスの実行モードが、操作または支払いステータスに応じてどのように変化するかを解説しています。
操作/ステータス 結果
インスタンスの停止 再起動後のデフォルトモードは標準モードです。
インスタンスの再起動 再起動後でも実行モードは変わりません。
支払いエラー 実行モードが、標準モードに変更されます。 支払いが成功した後、元のモードに復元されます。

CPU 使用率および CPU クレジットの表示

ECS コンソールで、CPU 使用率、消費された CPU クレジット、発生した CPU クレジット、超過 CPU クレジットおよび事前 CPU クレジットなどのインスタンスの CPU 情報が参照できます。

  1. [ECS コンソール] にログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウから [インスタンス] をクリックします。
  3. リージョンを選択します。
  4. インスタンスリストから、対象となるインスタンスを検索します。 [インスタンス ID] をクリック、または "操作" の [管理] をクリックします。
  5. [インスタンスの詳細] ページの [モニタリング情報] エリアでメトリクスを参照します。
リモートからインスタンスに接続した後で、CPU 使用率を参照することもできます。

インスタンスタイプの変更

ECS コンソールで、長い期間 CPU 使用率がベースラインパフォーマンスレベルのまま、または滅多にベースラインレベルを超えないことが分かった場合、お使いのインスタンスタイプはニーズに合っていないか、ニーズを超えています。 どちらのケースでも、インスタンスタイプの変更を検討します。

課金方法に基づたインスタンスタイプを変更できます。

対象となるインスタンスタイプファミリーについて、「インスタンスタイプのアップグレードをサポートするインスタンスタイプファミリー」をご参照ください。