IoT Platform はデバイスグループをサポートします。 異なるプロダクトのデバイスを同じグループに割り当てることができます。 ここでは、IoT Platform コンソールで、デバイスグループを作成し管理する方法を紹介します。

手順

  1. IoT Platform コンソールにログインします。
  2. [デバイス] > [グループ] をクリックします。
  3. [グループ管理] ページで、[グループの作成] をクリックし、グループ情報を入力して [保存] をクリックします。
    最大 1,000 グループ (親グループとサブグループを含む) を作成できます。


    パラメーターは次のとおりです。

    • 親グループ: グループタイプを選択します。
      • グループ: 作成するグループが親グループであることを示します。
      • 既存のグループを選択: グループを親グループとして指定し、その親グループ用のサブグループを作成します。
    • グループ名: グループの名前を入力します。 グループ名の長さは 4 ~ 30 文字で、漢字、英数字、およびアンダースコア (_) を含めることができます。 グループ名はアカウントのグループ間で一意である必要があり、一度グループが作成されたら変更できません。
    • グループの説明: グループの説明です。 空欄のままにできます。
  4. [グループ管理] ページで [表示] をクリックし、対応するグループの [グループの詳細] ページを表示します。
  5. グループにタグを追加します (省略可)。 タグは、グループを管理するとき、グループ識別子として使用されます。
    1. タグ情報で [追加] をクリックし、タグのキーと値を入力します。
    2. [OK] をクリックして、入力したすべてのタグを作成します。
      1 つのグループに最大 100 個のタグを追加できます。


  6. [デバイス一覧] > [グループにデバイスを追加] をクリックします。 グループに追加するデバイスを選択します。
    • デバイスは、一度に 200 個まで追加できます。 1 つのグループに合計で最大 20,000 個のデバイスを追加できます。
    • 1 つのデバイスを、最大で 10 のグループに含めることができます。


    [グループにデバイスを追加] ページの右上隅には、[すべて][選択済み] の 2 つのボタンがあります。
    • [すべて] をクリックすると、すべてのデバイスが表示されます。
    • [選択済み] をクリックすると、選択したデバイスが表示されます。
  7. [サブグループ] > [グループの作成] をクリックし、グループにサブグループを追加します (省略可)。

    サブグループは、より具体的な方法でデバイスを管理するために使用されます。 たとえば、親グループ "SmartHome" に対して、"SmartKitchen" や "SmartBedroom" のようなサブグループを作成します。その場合、キッチンのデバイスとバスルームのベッドルームのデバイスを別々に管理することができます。 手順は次のとおりです。

    1. 親グループを選択し、グループ名と説明を入力し、[保存] をクリックします。


    2. 親グループの [サブグループ] ページで、[表示] をクリックし、対応する [グループ詳細] ページを表示します。
    3. [デバイス一覧] > [グループにデバイスを追加] をクリックし、サブグループにデバイスを追加します。
    サブグループを作成し、そこにデバイスを追加したら、管理が可能になります。 サブグループ内にサブサブグループを作成することもできます。
    • 1 つのグループには最大 100 個のサブグループを含めることができます。
    • グループは 3 層 のみサポートされています (親グループ、サブグループ、サブサブグループ)。
    • グループは、1 つの親グループのみのサブグループになることができます。
    • 一度作成した親グループとサブグループ間の関係を変更することはできません。 関係を変更する場合、既存のサブグループを削除し、新しいものを作成します。
    • サブグループを持つグループを削除することはできません。 親グループを削除する前に、その親グループに所持しているサブグループをすべて削除する必要があります。