大規模なオブジェクトは、不安定なネットワークまたはその他の例外のためにダウンロードに失敗する可能性があり、オブジェクト全体を再度ダウンロードする必要があります。 ただし、オブジェクトは複数回試行してもダウンロードに失敗することがあります。 そのため、OSS は再開可能ダウンロードを提供します。

再開可能ダウンロードを有効にするには、ダウンロードするオブジェクトを複数のパーツに分割して、別々にダウンロードする必要があります。 すべての部分をダウンロードした後に、各パーツは完全オブジェクトに結合されます。

再開可能ダウンロードを有効にするには、oss_resumable_clt_params_t を使用します。 oss_resumable_clt_params_t には、以下のパラメーターが含まれています。

パラメーター 説明
thread_num 同時スレッド数。既定では 1 です。
enable_checkpoint 再開可能ダウンロードを有効にするかどうかを決定します。既定では無効になっています。
partSize パーツのサイズを指定します。 値は 1 バイトから 5 GB までで、単位はバイトです。
checkpoint_path チェックポイントファイルが保存されているパスです。既定では {upload_file_path} .cp の下にあります。

このチェックポイントファイルには、ダウンロードの進行状況に関する情報が格納されます。パーツをダウンロードできなかった場合、ダウンロードはチェックポイントファイルに記録された進行状況に基づいて続行されます。 オブジェクトがダウンロードされると、チェックポイントファイルは削除されます。

再開可能ダウンロードは、次のコードを実行します。

#include "oss_api.h"
#include "aos_http_io.h"
const char *endpoint = "<yourEndpoint>";
const char *access_key_id = "<yourAccessKeyId>";
const char *access_key_secret = "<yourAccessKeySecret>";
const char *bucket_name = "<yourBucketName>";
const char *object_name = "<yourObjectName>";
const char *local_filename = "<yourLocalFilename>";
void init_options(oss_request_options_t *options)
{
    options->config = oss_config_create(options->pool);
    /* Use a char* string to initialize the aos_string_t type. */
    aos_str_set(&options->config->endpoint, endpoint);
    aos_str_set(&options->config->access_key_id, access_key_id);
    aos_str_set(&options->config->access_key_secret, access_key_secret);
    /* Determine whether the CNAME is used. 0 indicates that the CNAME is not used. */
    options->config->is_cname = 0;
    /* Used to configure network parameters, such as timeout. */
    options->ctl = aos_http_controller_create(options->pool, 0);
}
int main(int argc, char *argv[])
{
    /* Call the aos_http_io_initialize method in main() to initialize global resources, such as networks and memories. */
    if (aos_http_io_initialize(NULL, 0) ! = AOSE_OK) {
        exit(1);
    }
    /* Memory pool used to manage memories, which is equivalent to apr_pool_t. The implementation code is included in the apr library. */
    aos_pool_t *pool;
    /* Re-create a new memory pool. The second parameter is NULL, indicating that it does not inherit from any other memory pools. */
    aos_pool_create(&pool, NULL);
    /* Create and initialize options. This parameter mainly includes global configuration information, such as endpoint, access_key_id, acces_key_secret, is_cname, and curl. */
    oss_request_options_t *oss_client_options;
    /* Allocate memories in the memory pool to options. */
    oss_client_options = oss_request_options_create(pool);
    /* Use oss_client_options to initialize client options. */
    init_options(oss_client_options);
    /* Initialization parameters. */
    aos_string_t bucket;
    aos_string_t object;
    aos_string_t file;
    aos_table_t *headers = NULL;
    aos_table_t *resp_headers = NULL; 
    aos_status_t *resp_status = NULL; 
    oss_resumable_clt_params_t *clt_params;
    aos_str_set(&bucket, bucket_name);
    aos_str_set(&object, object_name);
    aos_str_set(&file, local_filename);
    /* Download the object using resumable download. */
    clt_params = oss_create_resumable_clt_params_content(pool, 1024 * 100, 3, AOS_TRUE, NULL);
    resp_status = oss_resumable_download_file(oss_client_options, &bucket, &object, &file, headers, NULL, clt_params, NULL, &resp_headers);
    if (aos_status_is_ok(resp_status)) {
        printf("download succeeded\n");
    } else {
        printf("download failed\n");
    }
    /* Release the memory pool, that is, memories allocated to resources during the request. */
    aos_pool_destroy(pool);
    /* Release allocated global resources. */
    aos_http_io_deinitialize();
    return 0;
}