Logstore ページで、診断をクリックすると、Logstore のログ収集エラーがすべて表示されます。 エラーの種類および各エラーの処理方法は、以下のとおりです。

本ドキュメントに記載されていないエラーが発生した場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。なお、起票の際は、エラーの詳細をご提示ください。
エラーの種類 説明 処理方法
LOGFILE_PERMINSSION_ALARM 指定したファイルを読み取る権限が Logtail にありません。 Logtail サーバーを起動したアカウントを確認します。 root ユーザーで Logtail を起動されることをお勧めします。
SPLIT_LOG_FAIL_ALARM 正規表現と、ログの行頭のパターンが一致しないため、ログを複数行に分割することができません。 行頭の正規表現が正しいかどうか確認します。 1 行ログの場合、行頭の正規表現を .*にします。
MULTI_CONFIG_MATCH_ALARM 各ログファイルは、1 つの設定でしか収集させることができません。 ログファイルが、複数の設定で収集されていないことを確認します。 ログが複数の設定で収集されている場合は、不要な設定を削除します。
REGEX_MATCH_ALARM ログコンテンツと正規表現のパターンとが一致しません。 サンプルとして、パターンの一致しないログコンテンツをコピーし、新たに正規表現を生成し直します。
PARSE_LOG_FAIL_ALARM ログフォーマットが、JSON 形式または区切り文字形式に沿っていないため、ログの解析に失敗します。 エラーメッセージをクリックして詳細を確認します。
CATEGORY_CONFIG_ALARM Logtail に無効な設定がされています。 正規表現でログ項目のファイルパスを抽出する際によく発生するエラーです。正規表現を修正されることをお勧めします。 エラーの原因が上記に該当しない場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。なお、起票の際は、エラーの詳細をご提示ください。
LOGTAIL_CRASH_ALARM Logtail サーバーのリソース使用量が上限に達しているため、Logtail からの応答がありません。 CPU 使用量およびメモリ使用量の上限を変更する方法については、「Logtail 起動設定パラメーター」をご参照ください。 または、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。
REGISTER_INOTIFY_FAIL_ALARM Linux へのログモニタリング登録に失敗しました。 原因としては、フォルダに対するアクセス権が Logtail にない、または、ログフォルダが削除されていることが考えられます。 フォルダへのアクセス権が Logtail にあるかどうか、また、フォルダが削除されていないかどうかを確認します。
DISCARD_DATA_ALARM Logtail の使用可能な CPU リソースが不足しているか、Log Service の受信可能なトラフィック量が上限を超えています。 使用可能な CPU の上限、または、Log Service の受信可能なトラフィック量の上限を変更する方法については、「Logtail 起動設定パラメーター」をご参照ください。 または、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。
SEND_DATA_FAIL_ALARM
  • Alibaba Cloud アカウントに、AccessKey (AK) がありません。
  • Logtail クライアントより Log Service サーバーに接続できないか、通信状態に問題があります。
  • サーバーの容量不足により、書き込みに失敗します。
  • Alibaba Cloud アカウントで AK を作成します。
  • ローカルの設定ファイル「/usr/local/ilogtail/ilogtail_config.json」を確認します。curl<endpoint>を実行し、その実行結果を確認します。
  • Logstore のシャード数を増やして、Logstore にデータを書き込むことができるようにします。
REGISTER_INOTIFY_FAIL_ALARM Logtail による、ログディレクトリへの inotify ウォッチャーの登録に失敗しました。 ディレクトリがあるかどうかを確認します。 また、ディレクトリに設定されているアクセス権を確認します。
SEND_QUOTA_EXCEED_ALARM 書き込みログが上限を超えています。 コンソールで、シャード数を増やします
READ_LOG_DELAY_ALARM ログの生成に、ログの収集が追いついていません。 一般的には、Logtail に必要な CPU リソースが不足しているか、Log Service に設定されている受信トラフィックの上限が原因です。 使用可能な CPU の上限、または、Log Service の受信可能なトラフィック量の上限を変更する方法について、「Logtail 起動設定パラメーター」をご参照ください。 または、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。
DROP_LOG_ALARM ログの生成に、ログの収集が追いついていません。収集されていないログが 20 を上回っています。 一般的には、Logtail に必要な CPU リソースが不足しているか、Log Service の受信可能なトラフィック量が上限を超えていることが原因です。 使用可能な CPU の上限、または、Log Service の受信可能なトラフィック量の上限を変更する方法については、「Logtail 起動設定パラメーター」をご参照ください。 または、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。
LOGDIR_PERMINSSION_ALARM ログモニタリング対象のディレクトリを読み取る権限が Logtail にありません。 ログモニタリングディレクトリがあるかどうかを確認します。 また、ディレクトリに設定されているアクセス権を確認します。
ENCODING_CONVERT_ALARM コードのエンコードに失敗しています。 ログのエンコード形式が指定した形式に沿っていることを確認します。
OUTDATED_LOG_ALARM Logtail がログを受信してから 12 時間経過しており、ログの期限が切れています。 考えられる原因は次のとおりです。
  • ログの解析に 12 時間以上の遅れが生じている
  • 時間フィールドの設定が正しくない
  • ログ記録プログラムの時間が正しくない
  • READ_LOG_DELAY_ALARM エラーが発生していないか確認します。 READ_LOG_DELAY_ALARM エラーが発生している場合は、当該エラーの処理方法をご参照ください。 発生していない場合は、時間フィールドの設定を確認します。
  • 時間フィールドの設定を確認します。 時間フィールドの設定に間違いがない場合は、ログ記録プログラムの時間に間違いがないか確認します。
上記以外の場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。
STAT_LIMIT_ALARM Logtail 構成ディレクトリ下のファイル数が上限を超えています。 Logtail 構成ディレクトリに、ファイルおよびサブディレクトリの数が異常に多くないかどうか確認します。 ファイルおよびサブディレクトリの数が異常に多い場合は、モニタリングするルートディレクトリ、また、そのディレクトリからどの階層までモニタリングするかを指定します。
DROP_DATA_ALARM ログ収集の処理が完了すると、ローカルディスクに対するログの書き込み期限も終了します。 ローカルディスクに書き込まれなかったログは破棄されます。 CPU 使用量の上限、または、Log Service の同時受信トラフィックの上限を変更するには、「Logtail 起動設定パラメーター」をご参照ください。 一般的に、収集ブロックに重大な障害が発生している場合に、本エラーが報告されます。 なお、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせいただくことでもアップグレードできます。
INPUT_COLLECT_ALARM ログの収集時にエラーが発生しました。 エラーメッセージに従ってエラーを処理します。
HTTP_LOAD_ADDRESS_ALARM 無効な HTTP アドレスです。 有効なアドレスかどうか確認します。
HTTP_COLLECT_ALARM HTTP によるログ収集でエラーが発生しました。 エラーメッセージに従ってエラーを処理します。 一般的に、有効期限が切れているために発生するエラーです。
FILTER_INIT_ALARM フィルターの初期化でエラーが発生しました。 エラーメッセージに従ってエラーを処理します。 一般的に、無効な正規表現によるフィルタリングが原因で発生するエラーです。
INPUT_CANAL_ALARM MySQL binlog の実行中に発生するエラーです。 エラーメッセージに従ってエラーを処理します。 Logtail 構成が更新されると、canal サービスが再起動することがあります。 canal サービスの再起動でエラーが発生している場合は、無視して構いません。
CANAL_INVALID_ALARM MySQL binlogs の内部ステータスが正常ではありません。 エラーが発生したときにテーブルのスキーマに変更がなかったかどうかを確認します。 binlog の実行中にテーブルのスキーマに変更があり、メタデータに変更があった場合によく発生するエラーです。 上記が原因でない場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。
MYSQL_INIT_ALARM MySQL の初期化でエラーが発生しました。 エラーメッセージに従ってエラーを処理します。
MYSQL_CHECKPOING_ALARM MySQL のチェックポイントの形式が正しくありません。 実行中の Logtail のチェックポイント設定を変更する必要があるか確認します。 チェックポイントの設定を変更してもエラーが解決しない場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。なお、起票の際は、エラーの詳細をご提示ください。
MYSQL_TIMEOUT_ALARM MySQL クエリの期限が切れています。 MySQL サーバー、または、ネットワークに異常がないか確認します。
MYSQL_PARSE_ALARM MySQL クエリ結果の解析に失敗します。 MySQL に設定しているチェックポイント形式と、当該フィールドの形式とが一致するかどうか確認します。
AGGREGATOR_ADD_ALARM Logtail はキューへのデータ追加に失敗しました。 送信するデータが大きい場合、本エラーは無視して構いません。データを送信するタイミングが早すぎるためにエラーが発生しています。
ANCHOR_FIND_ALARM アンカープラグインの誤り、アンカープラグインを誤って設定している、または、ログが設定と一致しない、のいずれかがエラーの原因として考えられます。 エラーメッセージをクリックしてエラーの詳細を表示します。次のいずれかに該当しないか確認します。 エラーの詳細を基に、該当する設定を確認します。
  • anchor cannot find key: 構成に SourceKey は指定されているが、ログには当該フィールドがない
  • anchor no start: Start に該当するコンテンツが SourceKey 値に含まれない
  • anchor no stop: Stop に該当するコンテンツが SourceKey 値に含まれない
ANCHOR_JSON_ALARM anchor プラグインが Start および Stop に指定されたキーワードに対して JSON を展開する際にエラーが発生します。 エラーメッセージをクリックしてエラーの詳細を表示します。 キーワードおよび関連する構成を確認します。 構成に誤りがないか、また、無効なログがないか確認します。
CANAL_RUNTIME_ALARM binlog プラグインの実行時にエラーが発生しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、エラーを対処します。 接続している MySQL マスターデータベースに関するエラーです。
CHECKPOINT_INVALID_ALARM プラグインがチェックポイントの解析に失敗しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、チェックポイントキー、チェックポイントのコンテンツ (最初の 1,024 バイト) といった情報を基にエラーを対処します。
DIR_EXCEED_LIMIT_ALARM 同時にモニタリングしているディレクトリ数が上限を超えました。 Logstore や Logtail に設定したディレクトリ下にディレクトリ数が多すぎないかどうか確認します。 ディレクトリ数が多い場合には、モニタリングするルートディレクトリ、ディレクトリの階層を調整します。
DOCKER_FILE_MAPPING_ALARM Logtail のコマンドによる Docker ファイルマッピング追加に失敗しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、エラーを対処します。
DOCKER_FILE_MATCH_ALARM 指定されたファイルが Docker コンテナにありません。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、コンテナ情報およびファイルパスを基にエラーを対処します。
DOCKER_REGEX_COMPILE_ALARM Docker の stdout プラグインは、BeginLineRegex 設定の正規表現を構築できません。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、正規表現が適切かどうかを確認します。
DOCKER_STDOUT_INIT_ALARM Docker は標準出力収集の初期化に失敗しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を確認します。エラーが次のいずれかに該当しないか確認します。
  • host ... version ... error: 設定に指定している Docker エンジンにアクセスできるかどうかを確認します。
  • load checkpoint error: エラーがチェックポイントの読み取りに失敗しているため、影響がない場合、本エラーは無視して構いません。
  • container ...: label の値には、stdout (標準出力) または stderr (標準エラー出力) を指定します。 コンテナの label に無効な値が指定されているためにエラーが発生しています。 エラーの詳細を基にエラーを処理します。
DOCKER_STDOUT_START_ALARM Docker の標準出力 (stdout) 収集の初期化時に、stdout のファイルサイズが上限を超えました。 通常、最初の収集時に stdout ファイルは既に存在するため、エラーを無視して構いません。
DOCKER_STDOUT_STAT_ALARM Docker stdout プラグインは stdout ファイルの確認に失敗しました。 エラーは無視して構いません。コンテナが停止しているために、コンテナによる標準出力ファイルへのアクセスが失敗しています。
FILE_READER_EXCEED_ALARM Logtail によって開かれているファイル数が上限を超えました。 設定内容が適切かどうかを確認します。収集されているファイル数が多すぎる場合に発生するエラーです。
GEOIP_ALARM geoip プラグインに問題があります。 エラーメッセージをクリックして詳細を確認します。詳細には、次のいずれかに該当しないか確認します。
  • invalid ip ...: プラグインは IP アドレスの取得に失敗しました。 設定の SourceKey が適切かどうか、また、無効なログがないかどうかを確認します。
  • parse ip ...: プラグインは取得した IP アドレスからの都市情報の特定に失敗しました。 エラーメッセージに従ってエラーを処理します。
  • cannot find key...: プラグインはログに指定されている SourceKey の特定に失敗しました。 設定に問題がないかどうか、また、無効なログがないかどうかを確認します。
HTTP_INIT_ALARM 設定に指定されている ResponseStringMatch 正規表現が適切でないために、HTTP プラグインがコンパイルに失敗しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、正規表現に間違いがないかどうかを確認します。
HTTP_PARSE_ALARM HTTP は HTTP レスポンスを受信できません。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、設定、また、リクエスト先 HTTP サーバーを確認します。
INIT_CHECKPOINT_ALARM binlog プラグインがチェックポイントの読み込みに失敗しました。 プラグインはプレークポイントを無視してログの収集を続けます。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、無視しても問題のないエラーかどうかを確認します。
LOAD_LOCAL_EVENT_ALARM Logtail はローカルイベントを処理しました。 手動操作によるイベントであれば無視します。 その他の場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。なお、起票の際は、エラーの詳細をご提示ください。 エラーの詳細 (ファイル名、構成名、プロジェクト、Logstore、およびその他の情報) は、エラーメッセージをクリックすると表示されます。
LOG_REGEX_FIND_ALARM processor_split_log_regex および processor_split_log_string プラグインが、ログから、設定に指定されている SplitKey の取得に失敗しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、設定に問題がないか確認します。
LUMBER_CONNECTION_ALARM service_lumberjack プラグインでエラーが発生したため、サーバーを停止することができません。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、適切にエラーを処理します。 一般的に、無視して構わないエラーです。
LUMBER_LISTEN_ALARM ログモニタリング用 service_lumberjack プラグインの起動中にエラーが発生しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示します。次のいずれかに該当しないか確認します。
  • init tls error ...: TLS の設定が適切かどうか確認します。
  • listen init error ...: アドレスの設定が適切かどうか確認します。
LZ4_COMPRESS_FAIL_ALARM Logtail による LZ4 圧縮の際にエラーが発生しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、ログフィールドの値、プロジェクト、カテゴリ、およびリージョンを基にエラーを対処します。
MYSQL_CHECKPOINT_ALARM MySQL プラグインでチェックポイントエラーが発生しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示します。次のいずれかに該当しないか確認します。
  • init checkpoint error ...: チェックポイントの初期化に失敗しました。 設定に指定されているチェックポイントカラムとその値が正しいかどうかを確認します。
  • not matched checkpoint ...: チェックポイント情報が一致しません。 手動更新 (たとえば、設定の更新) が原因で不一致を起きていないかどうかを確認します。 手動更新のために不一致が起きている場合は、エラーを無視します。
NGINX_STATUS_COLLECT_ALARM nginx_status プラグインがサーバーステータスを取得する際にエラーが発生しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、URL およびエラー情報を基にエラーを対処します。
NGINX_STATUS_INIT_ALARM nginx_status プラグインは、設定に指定されている URL の起動および解析に失敗しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、URL のアドレスが適当かどうか確認します。
OPEN_FILE_LIMIT_ALARM 開いているファイルの数が上限に達しているため、新しいファイルを Logtail が開くことができません。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、ログのファイルパス、プロジェクト、Logstore といった情報を基にエラーを処理します。
OPEN_LOGFILE_FAIL_ALARM Logtail がファイルを開く際にエラーが発生しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、ログのファイルパス、プロジェクト、Logstore といった情報を基にエラーを対処します。
PARSE_DOCKER_LINE_ALARM service_docker_stdout プラグインがログの解析に失敗しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示します。次のいずれかに該当しないか確認します。
  • docker line parse error: 空の行: ログがありません。
  • parse json docker line error ...: プラグインは JSON 形式のログを解析できません。 エラーメッセージおよびログの最初の 512 バイトを基にエラーを対処します。
  • parse cri docker line error ...: プラグインは CRI 形式のログを解析できません。 エラーメッセージおよびログの最初の 512 バイトを基にエラーを対処します。
PLUGIN_ALARM プラグインの初期化または呼び出しにエラーが発生しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示します。次のいずれかに該当しないか確認します。 適切にエラーを対処します。
  • init plugin error ...: プラグインの起動に失敗
  • hold on error...: プラグインの停止に失敗
  • resume error...: プラグインの再起動に失敗
  • start service error...: サービス input-type プラグインの起動に失敗
  • stop service error...: サービス input-type プラグインの停止に失敗
PROCESSOR_INIT_ALARM 正規表現プラグインが、設定に指定された正規表現のコンパイルに失敗しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、正規表現が適切かどうか確認します。
PROCESS_TOO_SLOW_ALARM Logtail のログ解析に時間がかかり過ぎています。
  1. エラーメッセージをクリックして詳細を表示します。ログの数、バッファサイズ、および解析時間より、解析時間に問題がないかどうか確認します。
  2. 解析処理に時間がかかり過ぎている場合は、解析設定が不適切でないかどうか確認します。 たとえば、Logtail 処理にノードの CPU リソースが異常に占有されていないか、また、非効率な正規表現がないかを確認します。
REDIS_PARSE_ADDRESS_ALARM Redis プラグインは、設定に指定されている ServerUrls の解析に失敗しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、URL を確認します。
REGEX_FIND_ALARM 正規表現プラグインは、ログ内に、SourceKey として指定されているフィールドを特定できませんでした。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、SourceKey に間違いがないかどうか、また無効なログが存在しないかどうかを確認します。
REGEX_UNMATCHED_ALARM プラグインの正規表現が、ログのパターンと一致しません。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示します。エラーの詳細は、次のいずれかに該当します。 設定が正しいかどうか確認し、適切にエラーを対処します。
  • unmatch this log content...: ログのパターンと、設定した正規表現とが一致しません。
  • match result count less ...: パターン一致したログの数が、Keys に指定されている数より少ない。
SAME_CONFIG_ALARM Logstore に同じ名前の設定があります。 Logtail はいずれかの設定でログ収集されます。ログ収集に使用しない方の設定は破棄されます。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、指定したパスやエラー情報を確認してエラーを対処します。
SPLIT_FIND_ALARM split_char プラグインまたは split_string プラグインは、ログ内に、SourceKey として指定されているフィールドを特定することができません。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、SourceKey 設定が適切か、また無効なログが存在しないかどうか確認します。
SPLIT_LOG_ALARM processor_split_char プラグインまたは processor_split_string プラグインの解析フィールド数が、SplitKeys のフィールド数と異なります。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、SourceKey の設定が適切か、また無効なログが存在しないかどうか確認します。
STAT_FILE_ALARM プラグインが LogFileReader オブジェクトからログファイルを収集した際に、エラーが発生しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示し、ファイルパスなどの情報を確認してエラーを対処します。
SERVICE_SYSLOG_INIT_ALARM service_syslog プラグインの初期化に失敗しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示します。設定されているアドレスが適切かどうか確認します。
SERVICE_SYSLOG_STREAM_ALARM service_syslog プラグインによる TCP 経由でのデータ収集時にエラーが発生しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示します。エラーの内容は次のいずれかに該当します。 適切にエラーを処理します。
  • accept error...: 接続受け付け処理中にエラーが発生しました。 しばらくの待機後、プラグインは再起動します。
  • setKeepAlive error ...: キープアライブの設定に失敗しました。 プラグインはエラーを無視し、処理は続行されます。
  • connection I / o timeout ...: TCP 経由のデータ読み込み期限が終了しています。 プラグインによって期限は更新され、データは適切に読み込まれます。
  • scan error...: プラグインによる TCP 経由でのデータ読み込みにエラーが発生しました。 しばらくの待機後、プラグインによって再試行されます。
SERVICE_SYSLOG_PACKET_ALARM service_syslog プラグインの UDP 経由のデータ収集にエラーが発生しました。 エラーメッセージをクリックして詳細を表示します。次のいずれかに該当しないか確認します。 適切にエラーを処理します。
  • connection i/o timeout ...: UDP 経由のデータ読み込み期限が終了しています。 プラグインによって有効期限は更新され、適切にデータが読み込まれます。
  • read from error...: プラグインによる UDP 経由のデータ読み込みにエラーが発生しました。 しばらくの待機後、プラグインによって再試行されます。