プロダクトは、デバイスの集合です。 プロダクト作成後、そのプロダクトにデバイスを作成できます。 一度に 1 つ以上のデバイスを作成できます。 このトピックでは、複数のデバイスを一度に作成する方法を説明します。

手順

  1. IoT Platform コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[デバイス] > [デバイス] をクリックして、[一括追加] をクリックします。
  3. 作成したプロダクトを選択します。 作成するデバイスには、選択したプロダクトの機能が割り当てられます。
  4. デバイスの命名方式を選択します。 以下の 2 つの方式があります。
    • 自動生成: ユーザーは、作成するデバイスの名前を指定しません。 デバイス数のみを指定し、デバイス名はシステムが自動で生成します。
    • 一括アップロード: ユーザーは、作成するデバイスごとに名前を指定します。 [ファイルのアップロード] で、[CSV テンプレートのダウンロード] をクリックし、命名テンプレートをダウンロードします。 テンプレートの表にデバイス名を入力し、ファイルを保存します。 [ファイルのアップロード] をクリックし、命名ファイルをアップロードします。
    • デバイス名は 4~32 文字の長さにする必要があり、英数字、ハイフン、アンダースコア、@ マーク、ドット、およびコロンを含めることができます。
    • 各デバイス名は、プロダクト内で一意である必要があります。
    • 1 つのファイルに最大 1000 個 の名前を含めることができます。
    • ファイルサイズは 2MB を超えることはできません。


  5. [OK] をクリックし、デバイスの一括作成を開始します。
  6. デバイスが正常に作成されたら、[デバイス証明書のダウンロード] をクリックし、作成されたデバイスの情報を含むファイルをダウンロードします。

タスクの結果

[デバイス] ページの [一括管理] タブページでは、以下の操作が可能です。
  • [詳細の表示] をクリックして、デバイスの詳細情報を表示します。
  • [CSV のダウンロード] をクリックして、デバイスの証明書をダウンロードします。