収集されたログデータは、Alibaba Cloud イントラネットインターネット、またはGlobal Accelerationを介して Log Service に送信されます。

ネットワークタイプ

  • インターネット: インターネットを介したログデータの送信は、ネットワーク帯域幅の制限を受ける可能性があります。 また、ジッタ、遅延、パケット損失といったネットワークの問題により、データ転送の速度と安定性が影響を受ける可能性もあります。
  • Alibaba Cloud イントラネット: Alibaba Cloud イントラネットの共有帯域幅はギガビットレベルであるため、インターネットよりも安定しており、ログデータの送信は高速です。 イントラネットには、Virtual Private Cloud (VPC) 環境とクラシックネットワーク環境があります。
  • Global Acceleration: Alibaba Cloud の Content Delivery Network (CDN) のエッジノードを使用したネットワークサービスであり、ログ収集が高速化されます。インターネットと比較して、Global Acceleration はより低遅延に高い安定性を確保できます。

ネットワークタイプの選択

  • イントラネット
    サーバータイプ、また、サーバーと Log Service プロジェクトが同じリージョンにあるかどうかで、ログデータが Alibaba Cloud イントラネットを介して送信されるかどうかが決まります。Alibaba Cloud イントラネットを介してログデータを送信できるのは次の場合のみです。
    • アカウントの ECS インスタンスおよび Log Service プロジェクトのリージョンが同じである
    • 別アカウントの ECS インスタンスおよび Log Service プロジェクトのリージョンが同じである
    したがって、Log Service プロジェクトは、ECS インスタンスと同じリージョンに作成してログ収集されることを推奨します。ECS インスタンスのログデータは、インターネットの帯域幅を使用せずに、Alibaba Cloud イントラネットを介して Log Service に書き込まれます。
    サーバーに Logtail クライアントをインストールする際、Log Service プロジェクトと同じリージョンを選択します。リージョンが異なる場合、ログデータは収集されません。
  • Global Acceleration

    海外のオンプレミスサーバー、または、海外の他クラウドベンダーのサーバーからインターネット経由でデータを送信すると、遅延が大きくなり、送信が不安定になるといった問題が発生します。そういった場合に、Global Accelerationを採用します。 Global Accelerationは、Alibaba Cloud CDN のエッジノードを使用するため、ログ収集が高速化されます。インターネット経由でのデータ転送と比較して、Global Acceleration は最小限の転送遅延でより安定したネットワークとなります。

  • インターネット
    次の場合には、インターネットを選択することをお勧めします。
    • サーバーは ECS インスタンスであるが、Log Service プロジェクトと同じリージョンではない
    • オンプレミスサーバーや他ベンダーのサーバーである
サーバータイプ プロジェクトと同じリージョン AliUid を設定する必要がある ネットワークタイプ
使用中のアカウントの ECS インスタンス はい いいえ Alibaba Cloud イントラネット
いいえ いいえ インターネット、または Global Acceleration
その他アカウントの ECS インスタンス はい はい Alibaba Cloud イントラネット
いいえ はい インターネット、または Global Acceleration
他クラウドベンダーまたはオンプレミスサーバー - はい インターネット、または Global Acceleration
Log Service は、別のアカウントや他のサーバーの ECS インスタンスの所有者情報を取得できません。 そのため、Logtail クライアントをインストール後に、各サーバに AliUid を設定します。 AliUid の設定されていないサーバーとは正常なハートビートが取れず、ログを収集できません。 詳細は、「非 Alibaba Cloud ECS インスタンスまたはAlibaba Cloud 別アカウントの ECS インスタンスのログ収集」をご参照ください。

ネットワークタイプの選択例

次の例では、いくつかの一般的なシナリオで適切なネットワークを選択する方法について説明します。
Global Acceleration シナリオでは、データ収集の速度と信頼性が極めて重要になります。Log Service プロジェクトを香港リージョンに作成しても、接続先のオンプレミスサーバーは世界中に散らばっています。そのため、このシナリオで Logtail クライアントをインストールする際には、香港リージョンの Global Accelleration ネットワークタイプを選択することをお勧めします。Global Acceleration の場合、インターネットよりも高い安定性とパフォーマンスでログデータを送信されます。
シナリオ Log Service プロジェクトのリージョン サーバータイプ ECS インスタンスのリージョン Logtail クライアントインストール時に選択したリージョン ネットワークタイプ AliUid を設定する必要がある
ECS とプロジェクトが同じリージョンにある 中国 (杭州) 現在のアカウントの ECS 中国 (杭州) 中国 (杭州) イントラネット いいえ
ECS とプロジェクトのリージョンが異なる 中国 (上海) 現在のアカウントの ECS 中国 (北京) 中国 (北京) インターネット いいえ
その他アカウント 中国 (上海) その他アカウントの ECS インスタンス 中国 (北京) 中国 (北京) インターネット はい
オンプレミスサーバー 中国 (深セン) オンプレミス - 中国 (深セン) インターネット はい
Global Acceleration 中国 (香港) オンプレミス - 中国 (香港) Global Acceleration はい
図 1. ネットワークタイプの選択例


クラシックネットワークを VPC に切り替えてから構成を更新

Logtail クライアントをインストール後、ECS インスタンスがクラシックネットワークから VPC に切り替えられた場合は、ネットワーク構成を更新する必要があります。 構成を更新するには、次の手順に従います。
  1. Logtail クライアントを管理者として再起動します。
    • Linux
      sudo /etc/init.d/ilogtaild stop
      sudo /etc/init.d/ilogtaild start
    • Windows

      コントロールパネル管理ツールをダブルクリックします。サービスをクリックし、LogtailWorker を右クリックして再起動を選択します。

  2. マシングループ構成を更新します。
    • カスタム ID

      マシングループの識別にカスタム ID を定義している場合は、マシングループ構成を変更することなく VPC ネットワークをそのまま使用できます。

    • IP アドレス

      マシングループの識別に ECS インスタンスの IP アドレスを使用している場合は、元の IP アドレスを再起動した Logtail クライアントより新たに取得された IP アドレスに置き換える必要があります (app_info.json ファイルの IP アドレスフィールド)。

      app_info.json のファイルパス
      • Linux: /usr/local/ilogtail/app_info.json
      • Windows x64: C:\Program Files (x86)\Alibaba\Logtail\app_info.json
      • Windows x32: C:\Program Files\Alibaba\Logtail\app_info.json