ここでは、プロダクトに既存の TSL をインポートする方法を紹介します。

手順

  1. IoT Platform コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[デバイス] > [プロダクト] をクリックします。
  3. [プロダクト] ページで、TSL をインポートするプロダクトを検索し、[表示] をクリックします。
  4. [機能の定義] > [TSL のインポート] をクリックします。
    • プロダクトに新しい TSL をインポートすると、以前プロダクトに定義した機能は上書きされます。 したがって、この機能は慎重に使用する必要があります。
    • ゲートウェイ接続プロトコルが Modbus として定義されているプロダクトに TSL をインポートすることはできません。


    TSL をインポートする方法は 2 つあります。

    • プロダクトのコピー: 別のプロダクトから TSL をコピーします。 既存のプロダクトをクリックし、[OK] をクリックして、選択されたプロダクトの TSL を対象プロダクトにインポートします。

      一部の機能を変更する場合は、[機能の定義] タブページ上の、機能に対応する [編集] をクリックします。

    • TSL のインポート: 自己定義 TSL スクリプトを編集ボックスに貼り付けて、[OK] をクリックします。