edit-icon download-icon

よくある質問

最終更新日: Nov 22, 2018

よくある質問

GTM と SLB の違いは

GTM は、動作原理によると、DNS を使用してドメイン名を複数の IP アドレスに解決します。また、異なる地域のユーザーが異なる IPアドレスにアクセスでき、アプリケーションサービスのトラフィックを割り当てることもできます。また、GTM はヘルスチェックによって DNS 解決 IP アドレスリストを動的に更新し、障害の隔離とフェールオーバーを実現します。最終ユーザーのアクセストラフィックは、GTM インスタンスを経由することなく、サービスの IP アドレスに直接接続されます。

SLB は、ユーザーアクセスリクエストのプロキシとして機能し、リクエストを異なるサーバーにリアルタイムで配信します。最終ユーザーのアクセストラフィックは、SLB インスタンスを経由する必要があります。両者の比較は以下の通りです。

比較項目 ネットワークレイヤー バックエンドアドレス 重み付きラウンドロビン クロスリージョンの難易度 障害の隔離時間 セッション維持
GTM レイヤー 3 ドメイン名と IP アドレス サポート 簡単 分単位 未サポート
SLB レイヤー 4 とレイヤー 7 IP アドレス サポート 難しい 秒単位 サポート

一般的に、アドレスが同じリージョンにある場合は、SLB がロードバランシングに使用され、複数の SLB アドレスが異なるリージョンにある場合は、GTM がロードバランシングに使用されます。

GTM、DNS、およびグローバルロードバランシング(GSLB)の違いは

GTM は、DNS のインテリジェント解決機能と監視ノードによるモニタリング機能を統合しています。そのため、DNS の近いリソースへのアクセス機能、アプリケーションサービスのヘルスチェック機能、およびフェールオーバー機能も提供できます。

普通のGSLBをアップグレードした GTM は、より多くのモニタリング方法、より高度な IP アドレス管理機能、より安定、高速化したモニタリング能力を備えています。

URL から直接 GTM インスタンスのドメイン名にアクセスできますか

最終アクセス URL として、GTM インスタンスの CNAME ドメイン名を使用することはできません。CDN などのプロダクトと同じように、GTM インスタンスの CNAME ドメイン名は、サービスアクセスマッピングにのみ使用でき、最終アクセス URL としては使用できません。

GTM はサービスの障害をどのように判断しますか

GTM はアプリケーションサービスのモニタリング機能を統合しています。ping、TCP、および HTTP(s) モードのいずれかでアプリケーションサービスをモニタリングし、障害があるかどうかを検出します。

  • ping ベースのモニタリング:パケット損失率と応答時間に基づき、アプリケーションサービスに障害があるかどうかを確認します。
  • TCP ベースのモニタリング:TCP ポートの応答時間に基づき、アプリケーションサービスに障害があるかどうかを確認します。
  • HTTP ベースのモニタリング:HTTP リクエストの応答時間、ステータスコード、およびメッセージに基づき、アプリケーションサービスに障害があるかどうかを確認します。

GTM は、アプリケーションサービスをモニタリングするため複数の監視ノードを提供しています。サービス例外判定の全体的な条件として、複数の監視ノードを組み合わせて使用できます。

GTM フェールオーバーが有効になるまでの時間は

複数のテスト結果によると、サービスアプリケーションに障害が発生した後、GTM は 5 分でアプリケーションサービスのトラフィックを約 90% 切り替えることができます。

GTM フェールオーバー有効時間 = 障害検出時間 + DNS スイッチ同期時間

  • デフォルト検出時間:現在、ヘルスチェック設定では、デフォルトで、障害が発生してから約 3 分後に障害を検出できます。
  • DNS スイッチ同期時間:現在、GTM の CNAME アクセスドメイン名の TTL は、60 秒に設定されています。理論的には、ドメイン名の切り替え後 60 秒で同期が実行されますが、実際の時間は、通信事業者のキャッシュ設定に依存します。

GTM のアドレスプールはドメイン名を使用できますか

はい、できます。GTM アドレスプールに IP アドレス、またはドメイン名を入力できますが、1 つのアドレスプールに IP アドレスとドメイン名を同時に入れることはできません。

アドレスプールに複数のドメイン名がある場合、アドレスプールはデフォルトで、ドメイン名のラウンドロビンロードバランシングを実行します。

GTM はインテリジェントな DNS アクセスを実現できますか

はい、できます。GTM はインテリジェント DNS 解決機能を統合しています。現在、アジア以外の 7 つのリージョンと 6 つの大陸の、4 つの主要な中国の通信事業者のユーザーに対して、GTM でインテリジェント DNS 解決を実行できます。さまざまなリージョンのユーザーは、所在地に最も近いプロキシアクセスポイントにアクセスできます。

GTM はセッション維持に対応していますか

いいえ、していません。GTM は DNS レベルで動作します。DNS を使用して特定のサービスの IP アドレスをユーザーに返し、クライアントのユーザーがこのアドレスに直接接続します。クライアントはアプリケーションサービスの IP アドレスに直接接続されており、アクセストラフィックは GTM を経由しません。したがって、クライアントとサーバー間の HTTP トラフィックは、GTM ではわかりません。そのため、GTM ではセッションの維持を実現できません。