edit-icon download-icon

インテリジェントDNS

最終更新日: Nov 22, 2018

グローバルユーザーが、世界中のビジネスにアクセスできるようにするため、企業は一般的に、国内外のサービスアクセスポイントを少なくとも 2 つデプロイしていますが、バックエンドのデータサービスには1つです。DNS を使用すると、インテリジェントトラフィックルーティングが実行され、異なるリージョンのユーザーのアクセスリクエストが、異なるアクセスポイントにルーティングされます。障害や災害が発生した場合、アクセスポイントは複数あるため、サービスの高可用性を確保します。

原則は以下の図の通りです。

Schematic diagram

詳細な設定

手順 1:グローバル設定を行う

次の図に従って、Global Traffic Manager (GTM) インスタンスのグローバル設定を行います。

Global settings

手順 2:複数のアドレスプールを設定する

次の図に従って、GTM インスタンスで、国内外のアドレスプールを設定します。この例では、以下のように、中国本土では 中国北部中国南部、中国以外では 香港シンガポール の 4 つのアドレスプールが使用されています。

Address pool configuration

手順 3:ヘルスチェックを設定する

GTM インスタンスで、各アドレスプールのヘルスチェックを追加します。注意:ヘルスチェックの品質を確保するには、国外のアドレスプールをヘルスチェックするために、海外の監視ノードを選択してください。

Health check

手順 4:アクセスポリシーを設定する

以下の図に従って、GTM インスタンスで、インテリジェントアクセス設定を完了します。これにより、異なるユーザーのアクセストラフィックは、異なるアドレスプールにルーティングされ、障害発生時の回復機能を確保するため、アドレスプール間のフェールオーバーが可能になります。

中国南部のユーザーからのアクセストラフィックは、中国南部のアドレスプールにルーティングされ、中国北部のアドレスプールは、バックアップアドレスプールとして使用されます。中国内の他のリージョンのユーザーからのアクセストラフィックは、中国北部のアドレスプールにルーティングされ、中国南部のアドレスプールは、バックアップアドレスプールとして使用されます。

Failover inside China

中国以外のアジア諸国のユーザーからのアクセストラフィックは、香港のアドレスプールにルーティングされ、シンガポールのアドレスプールは、バックアップアドレスプールとして使用されます。アジア以外の地域のユーザーからのアクセストラフィックは、シンガポールのアドレスプールにルーティングされ、 香港のアドレスプールはバックアップアドレスプールとして使用されます。Failover outside China

手順 5:CNAME アクセスを設定する

以下の図に従って、ドメイン名解決設定で、アプリケーションサービスが GTM インスタンスにアクセスできるように、アプリケーションサービスの CNAME アクセス設定を完了します。

CNAME access