edit-icon download-icon

クロスリージョンでのロードバランシング

最終更新日: Sep 25, 2018

エンタープライズアプリケーションサービスの複数の IP アドレスは、さまざまなリージョンの異なる ISP やベンダーのデータセンターに分散されることがあります。この場合、単一の IP アドレスでは、すべてのユーザーのアクセスリクエストに応じることができません。また、アプリケーションサービスでロードバランシングアーキテクチャを構築することは非常に困難です。そのため、複数のデータセンターの IP アドレスを、シンプルかつ効率的に整理し、顧客にサービスを提供できるのは、DNS サービス以外にありません。

ただし、DNS 自体は IP アドレスの可用性を検出できません。したがって、障害や災害が発生した場合に、ユーザーのアクセストラフィックを、アプリケーションサービスの使用可能な IP アドレスに、迅速かつ効率的にルーティングすることはできません。

そこで、GTM に基づいたクロスリージョンマルチ IP アドレスのロードバランシングソリューションを提供しています。これらの利用イメージは、サービスアーキテクチャの設計に役立ちます。

利用イメージ 1:クロスリージョンでのトラフィックの均等な分散

エンタープライズアプリケーションサービスには、複数の IP アドレスがあります。すべての IP アドレスの、サービス能力、コンピューティング能力および、ネットワーク帯域幅が同じ場合、均等なトラフィック分散の原則が適用され、これらの IP アドレスにトラフィックを均等に割り当てることができます。したがって、ユーザーが同じアプリケーションサービスのドメイン名にアクセスした場合、複数の IP アドレスが、同時にアクセスリクエストに応答します。原則は以下の図の通りです。

Schematic diagram

実装手順は以下のとおりです。

手順 1:グローバル設定を行う

以下の図に従って、GTM インスタンスのグローバル設定を行います。

Global settings

手順 2:アドレスのロードバランシングを設定する

以下の図に従って、GTM インスタンスで、アドレスプールのロードバランシングを設定します。

Address pool

手順 3:ヘルスチェックを設定する

以下の図に従って、GTM インスタンスで、アドレスプールの HTTP ヘルスチェックを設定します。

Health check

手順 4:グローバルアクセスポリシーを設定する

以下の図に従って、GTM インスタンスで、すべてのユーザーに適用されるグローバルアクセスポリシーを設定します。

Global access

手順 5:CNAME アクセスを設定する

以下の図に従って、ドメイン名解決設定で、アプリケーションサービスが GTM インスタンスにアクセスできるように、アプリケーションサービスの CNAME アクセス設定を完了します。

CNAME access

利用イメージ 2:クロスリージョントラフィックの重み付け分散

エンタープライズアプリケーションサービスには、複数の IP アドレスがあります。各 IP アドレスのサービス能力、コンピューティング能力、およびネットワーク帯域幅が異なる場合、トラフィックの重み付け分散の原則を適用できます。異なる IP アドレスに異なる重みを設定できるため、ユーザーが同じアプリケーションサービスのドメイン名にアクセスした場合、IP アドレスは、特定の比率でユーザーのアクセスリクエストに応答します。

Schematic diagram 2

実装手順は以下のとおりです。

手順 1:グローバル設定を行う

以下の図に従って、GTM インスタンスのグローバル設定を行います。注意:バランシングポリシーを設定するときは、加重ラウンドロビン を選択します。

Global settings

手順 2:アドレスのロードバランシングを設定する

以下の図に従って、GTM インスタンスで、アドレスプール内の各 IP アドレスの重み付けを設定します。

Weighted round robin

手順 3:ヘルスチェックを設定する

以下の図に従って、GTM インスタンスで、アドレスプールの HTTP ヘルスチェックを設定します。

Health check

手順 4:グローバルアクセスポリシーを設定する

以下の図に従って、GTM インスタンスで、すべてのユーザーに適用されるグローバルアクセスポリシーを設定します。

Global settings

手順 5:CNAME アクセスを設定する

以下の図に従って、ドメイン名解決設定で、アプリケーションサービスが GTM インスタンスにアクセスできるように、アプリケーションサービスの CNAME アクセス設定を完了します。

CNAME