edit-icon download-icon

ログ

最終更新日: Nov 22, 2018

ログ

ログには、次の情報が記録されます。

  • ヘルスチェックのアラーム情報
  • ヘルスチェックの復元情報
  • 使用できないアドレスプール情報
  • アドレスプールの復元情報
  • アクセスポリシーによる切り替え

ヘルスチェックのアラーム

ヘルスチェックで、アドレスプール内の IP アドレスに異常が検出されると、関連情報がログに記録されます。記録される情報は、例外の時刻、異常な IP アドレス、およびエラーコードです。
エラーコードに基づき原因を特定できます。一般的なエラーコードは次のとおりです。

プロトコル ステータスコード 説明
HTTP 610 タイムアウト (接続タイムアウトと SSL 証明書交換のタイムアウト)。タイムアウト時間:30 秒
HTTP 613 DNS 解決エラー
HTTP 615 内容の不一致
HTTP 616 認証の失敗
HTTP 611 他の原因による検出の失敗
Ping 550 ネットワークが利用不可
Ping 610 すべての送信パケットが、安定したネットワーク状態にもかかわらず、2 秒で応答を受信しない。
Ping 613 host ファイルに基づく IP アドレス解決の失敗
TCP 550 socket の有効化に失敗。一般的な原因として、システムリソースの不足。
TCP 610 応答受信の失敗 (タイムアウトまたは応答なし)
TCP 611 接続に失敗 (タイムアウトまたはピアエンドで拒否)
TCP 615 内容の不一致
UDP 550 socket の有効化に失敗。一般的な原因として、システムリソースの不足。
UDP 611 接続に失敗 (host ファイルに基づく解決に失敗)
UDP 610 送信または受信の失敗
UDP 615 内容の不一致
DNS 610 DNS 解決に失敗
DNS 613 DNS クエリ通信エラー
DNS 615 内容の不一致

ヘルスチェックの復元

ヘルスチェックによって、アドレスプール内の異常な IP アドレスが復元されたことが検出されると、関連情報がログに記録されます。記録される情報は、復元時刻と復元された IP アドレスです。

使用できないアドレスプール

アドレスプール内の正常な IP アドレスの数が [使用可能アドレスの最小数] の値よりも小さい場合、アドレスプールは [使用できません] に設定され、関連情報がログに記録されます。記録される情報は、特定した時刻、アドレスプール名、使用可能アドレスの最小数の値です。

アドレスプールの復元

アドレスプール内の正常な IP アドレスの数が [使用可能アドレスの最小数] の値より大きい場合、アドレスプールは [使用可能] に設定され、関連情報がログに記録されます。記録される情報は、特定した時刻、アドレスプール名、使用可能アドレスの最小数の値です。

アクセスポリシーによる切り替え

アクセスポリシーに対応しているデフォルトのアドレスプールが使用できない場合、フェールオーバーアドレスプールに切り替えられ、関連情報がログに記録されます。記録される情報は、特定した時刻、アクセスポリシー名、デフォルトアドレスプールとフェールオーバーアドレスプール間のスイッチオーバールールです。