edit-icon download-icon

アクセスポリシー

最終更新日: Nov 22, 2018

アクセスポリシー

GTM ではユーザーがアプリケーションサービスをアクセスできるようにするため、アクセスポリシーをを設定する必要があります。アクセスポリシーには、ユーザーの所在地に基づいたインテリジェント DNS とアドレスプールのフェールオーバーが含まれます。

フェールオーバーを有効にし、さまざまな所在地のユーザーが、最寄りのリソースにアクセスできるように、インスタンスに複数のアクセスポリシーを設定できます。

アクセスポリシーを設定するには、次の情報を指定します。

ポリシー名

覚えやすく認識しやすいアクセスポリシー名を設定します。

デフォルトアドレスプール

デフォルトのアドレスプールは、通常、ユーザーがアプリケーションサービスにアクセスするために使用するアドレスプールです。ドロップダウンリストから、デフォルトのアドレスプールとして、アドレスプールを選択できます。

フェールオーバーアドレスプール

複数の IP アドレスに異常があるため、デフォルトのアドレスプールが使用できない場合、アクセスポリシーはフェールオーバーアドレスプールに切り替わります。ドロップダウンリストから、フェールオーバーアドレスプールとして、アドレスプールを選択します。

アクセスリージョン

現在のアクセスポリシーに対応するユーザーが所在するリージョン

  • グローバル:デフォルトのすべてのアクセスユーザー。
  • ISP:アクセスユーザーの ISP。ISP が選択されている場合、DNS で ISP のユーザーと一致すると、対応するアドレスプールが返されます。一致するものが見つからない場合、DNS はグローバル設定を返します。
  • 中国本土:アクセスユーザーのリージョン。異なるリージョンのユーザーに対して異なるアドレスプールを設定できます。DNS で特定のリージョンのユーザーと一致すると、対応するアドレスプールが返されます。一致するものが見つからない場合、DNS はグローバル設定を返します。このオプションと ISP は相互に排他的です。
  • 国際リージョン:中国本土以外のアクセスユーザーのリージョン。異なるリージョンのユーザーに対して異なるアドレスプールを設定できます。DNS で特定のリージョンのユーザーと一致すると、対応するアドレスプールが返されます。一致するものが見つからない場合、DNS はグローバル設定を返します。

アクセスステータス

アクセスポリシーが作成されると、システムは対応する DNS レコードを生成します。アクセスステータスは、特定のユーザーがアクセスしたアドレスプールを示します。デフォルトでは、アドレスプールが正常であれば、デフォルトのアドレスプールに関する情報が表示されます。異常であれば、フェールオーバーアドレスプールに関する情報が表示されます。

アドレスプールのステータスは、アドレスプール内の使用可能な IP アドレスの数によって決まります。アドレスプールは、使用可能な IP アドレスの数が、使用可能アドレスの最小数の値以上の場合に使用できます。それ以外の場合、アドレスプールは使用できません。

アクセス調整

デフォルトでは、自動切り替えポリシーが使用され、アドレスプールステータスに基づき、デフォルトアドレスプールとフェールオーバーアドレスプールが切り替わります。アドレスプールの切り替えが期待どおりに行われない場合、使用するアドレスプールに、アクセスポリシーを手動で調整できます。