edit-icon download-icon

利用イメージ

最終更新日: Nov 21, 2018

GTM は、次の利用イメージで使用できます。

利用イメージ 1:プライマリ-スタンバイ アーキテクチャを使用した IP ディザスタリカバリ

最もシンプルなケースとして、1 つのアプリケーションサービスに、 A と B の 2 つの IP アドレスがあるとします。通常、ユーザーは IP アドレス A にアクセスします。IP アドレス A が利用できなくなると、ユーザーは IP アドレス B にアクセスすることが予想されます。

GTM が有効になっている場合は、2 つのアドレスプール A と B を作成し、IP アドレス A と B をこれらのアドレスプールにそれぞれ追加し、ヘルスチェックを設定する必要があります。アクセスポリシーで、デフォルトのアドレスプールを アドレスプール A に設定し、フェールオーバーアドレスプールを アドレスプール B に設定します。これにより、アプリケーションサービスのプライマリ-スタンバイ アーキテクチャを使用した IP ディザスタリカバリが可能になります。

利用イメージ 2:アプリケーションサービスの複数のアクティブな IP アドレス

最もシンプルなケースとして、1 つのアプリケーションサービスに、同時に使用可能な 3 つの IP アドレス A、B、C があるとします。3 つの IP アドレスが有効な場合、DNS はサービスドメインをこれらの 3 つの IP アドレスに対して同時に解決します。3 つの IP アドレスの 1 つが使用できなくなると、この無効な IP アドレスは DNS リストから削除され、ユーザーには返されません。この IP アドレスが有効になると、再び DNS リストに追加されます。

GTM が有効になっている場合、アドレスプールに IP アドレス A、B、C を追加し、ヘルスチェックを設定して、アプリケーションサービスで複数のアクティブな IP アドレスを有効にすることを実現します。

利用イメージ 3:並行性の高いアプリケーションのロードバランシング

一日限りのショッピングイベントのような大規模なオンラインプロモーションキャンペーンでは、企業は数倍のユーザーリクエストを処理するために、サービスを一時的に拡張する必要があります。一般に、企業は同じリージョンの複数の SLB インスタンスを購入し、異なる IP アドレスを使用して、トラフィックのバランスを取っています。

GTM を有効にすると、サービスごとに最大 20 の IP アドレスを追加して、ロードバランシングを実行できます。また、サービス機能に基づき、IP アドレスの重みを設定することで、差別化されたサービスが可能になります。

利用イメージ 4:異なるリージョンでのアクセス高速化

サービスが拡大すると、全国的または全世界的なサービスの提供が必要になります。場所によりネットワークの状況は異なっているため、距離やその他の要因によって、ネットワークアクセスが制限される可能性があります。したがって、企業は広範なエリアの中心ゾーンにサービスエンドポイントを作成します。さまざまなリージョンのユーザーは、自分たちのリージョン内のエンドポイントに最短時間でアクセスできます。

GTM は、異なるリージョンのユーザーが、異なる IP アドレスプールにアクセスできるように、ユーザーグループ管理とグループアクセスを提供しています。この機能により、サービスの全体的なユーザーエクスペリエンスが向上します。