edit-icon download-icon

プロダクトの原則

最終更新日: Nov 21, 2018

GTM インスタンスを有効化すると、このインスタンスの CNAME レコードが自動的に割り当てられます。GTM を使用してトラフィックをルーティングする場合は、サービスドメインを GTM インスタンスの CNAME レコードに転送する必要があります。たとえば、

  • 1、www.example.com で GTM インスタンスを有効化すると、CNAME アクセスドメイン名レコード gtm12345678.gtm-000.com が自動的に割り当てられます。
  • 2、GTM インスタンス gtm12345678.gtm-000.com に、3 つのサーバー IP アドレス 1.1.1.1,2.2.2.2,3.3.3.3 を追加し、ヘルスチェックを設定します。
  • 3、www.example.com の CNAME を gtm12345678.gtm-000.com に変更します。

概略図

Schematic diagram

  • 1、インターネットサービスプロバイダー(ISP) の DNS リゾルバーにアプリケーションサービスドメイン名 www.example.com を照会します。
  • 2、ISP の DNS リゾルバーは、www.example.com の IP アドレスをキャッシュせず、DNS リクエストを DNS ルートサーバーへ送信します。DNS ルートサーバーは、照会されたドメイン名の接尾辞に従って、ISP の DNS リゾルバーに .com DNS サーバーのアドレスを返します。
  • 3、ISP の DNS リゾルバーは、アドレスを受信した後、DNS リクエストを送信し、.com DNS サーバーに www.example.com の IP アドレスを照会します。.com DNS サーバーは、リクエストを受信した後、 example.com が存在する DNS サーバーのアドレスを ISP の DNS リゾルバーに返します。ドメイン名として Alibaba Cloud DNS が有効になっている場合、DNS サーバーは Alibaba Cloud DNS サーバーになります。
  • 4、ISP の DNS リゾルバーは、.com DNS サーバーによって返された Alibaba Cloud DNS サーバーアドレスを受信した後、Alibaba Cloud DNS サーバーに対して www.example.com クエリリクエストを再び 開始します。Alibaba Cloud DNS サーバーは、クエリリクエストを受信した後、 そのライブラリ内で、www.example.com が CNAME を使用してドメイン名 gtm12345678.gtm-000.com に転送されていることを検索し、ISP の DNS リゾルバー に gtm12345678.gtm-000.com を返します。
  • 5、ISP の DNS リゾルバーは、gtm12345678.gtm-000.com ドメイン名を受信した後、gtm12345678.gtm-000.com クエリリクエストを GTM の DNS サーバーに対して開始します。GTM DNS サーバーはリクエストを受信した後、実行中のメカニズムおよびプリセットポリシーに基づき、ISP の DNS リゾルバーのアプリケーションサービスの最終 IP アドレスを返します。
  • 6、ISP の DNS リゾルバーは、最後の照会リクエストで取得した IP アドレスを、 www.example.com の最終アドレスとしてエンドユーザーに返し、次のクエリのためにメモリにキャッシュします。
  • 7、エンドユーザーは、ISP の DNS リゾルバーによって返された IP アドレスを受信した後、それを使用して直接アプリケーションサービスのネットワークに接続し、通信を開始します。

GTM の動作メカニズムについては、プロダクトアーキテクチャで詳しく説明しています。

プロダクトアーキテクチャ

Product architecture

GTM のアーキテクチャは、上図のとおりです。

  • 1、DNS は、サービスドメインを 2 つのアドレスプール (A と B) の IP アドレスに解決します。中国本土のユーザーは、プール Aに、中国本土以外のユーザーはプール B に転送します。プール C はバックアップアドレスプールです。
  • 2、ヘルスチェックモジュールは、複数のリージョンから、アドレスプール内にある複数の IP アドレスのヘルス検出を実施できます。ヘルス検出は、ping、TCP、または HTTP(S) プロトコルを利用できます。
  • 3、プール A の IP アドレスに障害が発生した場合、ヘルスチェックモジュールは例外を正確に検出し、DNS モジュールに知らせます。DNS モジュールは、ユーザーに返されたアプリケーションサービスの IP アドレスリストから異常な IP アドレスを削除します。
  • 4、ある時点でプール A とプール B の両方がクラッシュした場合、GTMは、事前に設定されたフェールオーバーポリシーに従って、ユーザーアクセストラフィックをバックアップアドレスプール (プール C) に切り替えます。
  • 5、このように、ユーザーアクセスの中断を避けるために、最適なアプリケーションサービスが、GTM によってエンドユーザーに自動的に提供されます。