本ドキュメントでは、カスタムルートテーブルを管理する方法について説明します。 具体的に、カスタムルートテーブルの作成および編集する方法と、それらを VSwitch に関連付ける方法、または VSwitch から解除する方法について説明します。

カスタムルートテーブルの作成

カスタムルートテーブルを作成するには、次の手順を実行します。
  1. VPC コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションペインで、ルートテーブルをクリックします。
  3. ルートテーブルページで、ルートテーブルの作成をクリックします。
  4. 次の情報に従ってルートテーブルを構成し、OK をクリックします。
    構成 説明
    名前

    ルートテーブルの名前を入力します。

    名前の長さは 2 ~ 128 文字で、英字、数字、漢字、ハイフン( - )、および下線(_)を含めることができます。 英字で始まる必要があります。

    VPC ルートテーブルが属する VPC を選択します。
    説明

    ルートテーブルの説明を入力します。

    説明の長さは 2〜256 文字で、http:// または https:// で始めることはできません。

    カスタムルートテーブルは、ルートテーブルページで表示および管理できます。



VSwitch へのカスタムルートテーブルの関連付け

カスタムルートテーブルを VSwitch に関連付けて、VSwitch サブネットのルーティングを制御できます。 VSwitch は、システムルートテーブルを含め 1 つのルートテーブルにのみ関連付けることができます。

カスタムルートテーブルを VSwitch に関連付けるには、次の手順を実行します。
  1. VPC コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションペインで、ルートテーブルをクリックします。
  3. ルートテーブルページで、対象のカスタムルートテーブルを見つけます。
  4. 関連付けられた VSwitch タブをクリックし、VSwitch の関連付けをクリックします。


  5. 表示されたダイアログボックスでアタッチする VSwitch を選択し、OK をクリックします。
  6. ルートエントリリスト タブをクリックして、カスタムルートエントリを追加します。

    詳細は、カスタムルートエントリの追加をご参照ください。

VSwitch からのカスタムルートテーブルのデタッチ

VSwitch からカスタムルートテーブルをデタッチすることができます。 カスタムルートテーブルがデタッチされると、別のカスタムルートテーブルと関連付けない場合、VSwitch は自動的にデフォルトルートテーブルを使用します。

VSwitch からカスタムルートテーブルをデタッチするには、次の手順を実行します。
  1. VPC コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションペインで、ルートテーブルをクリックします。
  3. ルートテーブル ページで、対象のカスタムルートテーブルの ID をクリックします。
  4. 関連付けられた VSwitch ページで、対象の VSwitch を見つけます。
  5. バインド解除をクリックします。 表示されたダイアログボックスで、OK をクリックします。


カスタムルートテーブルの編集

カスタムルートテーブルの名前や説明を変更するには、次の手順を実行します。
  1. VPC コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションペインで、ルートテーブル をクリックします。
  3. ルートテーブル ページで、対象のカスタムルートテーブルの ID をクリックします。
  4. ルートテーブル詳細 エリアで、名前や説明を必要に応じて変更します。

関連する操作

カスタムルートエントリの追加