クライアントコンピューターから Kubernetes クラスターへの接続は、Kubernetes コマンドラインクライアント kubectl を利用します。

手順

  1. 『Kubernetes バージョン』 から最新の kubectl クライアントをダウンロードします。
  2. kubectl クライアントをインストールし、設定します。

    詳しくは、『kubectl のインストールと設定』をご参照ください。

  3. クラスター資格情報を設定します。

    [クラスター情報] ページで、クラスター資格情報を参照できます。

    1. Container Service コンソール にログインします。
    2. Kubernetes で、左側のナビゲーションウィンドウから [クラスター] をクリックします。
    3. クラスターの右側にある [管理] をクリックします。
    4. [接続情報] セクションで、マスターノードの SSH IP アドレスを参照します。


    5. クラスター資格情報をローカルファイルにコピーします。これで、クラスター資格情報を $HOME/.kube/config (kubectl 資格情報が保存される場所) に作成および保存することができます。 /tmp/kubeconfig のような新しいファイルを作成し、export KUBECONFIG=/tmp/kubeconfig コマンドを実行できます。
    6. 前出の操作の実行後、以下のコマンドを実行し、クラスターの接続を確認できます。
      # kubectl cluster-info
      Kubernetes Master is running at https://xxxxxx.serverless-1.kubernetes.cn-shanghai.aliyuncs.com:6443

次のタスク

設定完了後、kubectl を利用してローカルコンピューターから Kubernetes クラスターにアクセスできます。