環境要件

OSS Python SDK は、Python 2.6、2.7、3.3、3.4、および 3.5 に対応しています。

  • インストール環境

    『Python 公式サイト』よりインストール方法を確認し、適切なバージョンの Python をインストールします。

  • Python のバージョン確認

    python -V コマンドを実行し、 Python のバージョンを確認します。

    Windowsでは、「内部コマンドまたは外部コマンドではありません」というメッセージが表示された場合は、環境変数の Path を編集し、Python と pip のインストールパスを追加します。 通常、pip は Python のインストール先パスの Script ディレクトリにインストールされています。

    コンピューターを再起動し、環境変数が有効になっていることを確認します。

SDK のダウンロード

詳しくは、「OSS API のドキュメント」をご参照ください。

Python-devel のインストール

Python SDK は CRC を計算するため、Python.h ファイル に依存する crcmod ライブラリを使用します。 Python.h ファイルがない場合、crcmod C 拡張モードのインストールが失敗したとしても、Python SDK は正常にインストールすることができてしまいます。そのため、アップロードやダウンロードなどの操作の効率が大幅に低下します。 したがって、python-devel パッケージがない場合は、インストールをする必要があります。

  • Windows および Mac OS X では、Python が依存するヘッダーファイルは Python と一緒にインストールされるため、python-devel パッケージをインストールする必要はありません。

  • CentOS、RHEL、および Fedora の場合は、次のコマンドを実行して python-devel をインストールします。

    yum install python-devel
    
  • Debian と Ubuntu の場合は、次のコマンドを実行して python-devel をインストールします。
    apt-get install python-dev
    

SDK のインストール

  • Pip での SDK のインストール

    次のコマンドを実行します。

    pip install oss2
    
    ご使用の環境に Pip がインストールされていない場合は、『Pip 公式サイト』をご参照のうえ、 Pip をインストールします。
  • ソースコードでの SDK のインストール

    『GitHub』から適切なバージョンの SDK パッケージをダウンロードし、解凍を行います。ディレクトリに setup.py ファイルがあることを確認し、次のコマンドを実行します。

    python setup.py install
    

検証

  • SDK のバージョンの確認
    1. コマンドラインでpythonと入力し、Enter キーを押して Python 環境に入ります。
    2. 次のコマンドを実行して SDK のバージョンを確認します。
      >>> import oss2 
      >>> oss2.__version__ 
      '2.0.0'
      

      上記の情報が表示される場合、Python SDK 2.0.0 は正常にインストールされています。

  • crcmod の検証

    crcmod による、OSS の CRC データ検証には、C 拡張モードと Python モードの 2 つの方法があります。なお、C 拡張モードでは、crcmod より拡張ライブラリ _crcfunext.so を呼び出し、 CRC の計算を行います。 C 拡張モードのパフォーマンスは、Python モードよりもはるかに優れています。 oss2 をインストールすると、crcmod ライブラリが自動的にインストールされます。 crcmod の詳細については、「crcmod introduction」をご参照ください。

    SDK のインストール後、アップロードとダウンロードのインターフェイスの速度が ossutil やその他の SDK などのツールと比べて著しく遅いと感じる場合、SDK の依存ライブラリ crcmod の C 拡張モードのインストールに失敗した可能性があります。その結果、アップロードとダウンロードでは、 Python モードによる CRC の計算を行います。

    crcmod の C 拡張モードが正常にインストールされたことを確認する方法は次のとおりです。

    1. コマンドラインでpythonと入力し、Enter キーを押して Python 環境に入ります。
    2. import crcmod._crcfunextと入力して、Enter キーを押します。
      • エラーが報告されない場合、C 拡張モードが正常にインストールされたことを示します。
      • 次のメッセージが表示された場合は、C 拡張モードが正常にインストールされていません。
        >>> import crcmod._crcfunext
        Traceback (most recent call last):
        File "<stdin>", line 1, in <module>
        ImportError: No module named _crcfunext
        

        このエラーは、crcmod のコンパイル時に _crcfunext.so が依存している Python.h ファイルが見つからないために発生し、結果として、_crcfunext.so ライブラリの生成は失敗します。 このエラーが出た理由は、crcmod がコンパイルされるとき、_crcfunext.so は Python.h ファイルに依存するのに、ヘッダーファイルがシステムから見つからないため、_crcfunext.so ライブラリの生成に失敗します。 SDK は正常にインストールされています。 ただし、アップロードやダウンロードなどの操作の効率は低くなります。

        この問題が発生した場合は、次の手順を実行します。

        1. 次のコマンドを実行して、crcmod をアンインストールします。
          pip uninstall crcmod
        2. python-devel をインストールします。
        3. 次のコマンドを実行して、crcmod を再インストールします。
          pip install crcmod

          それでもインストールが失敗する場合は、crcmod をアンインストールし、次のコマンドを実行して詳細情報を確認します。

          pip install crcmod -v

SDK のアンインストール

SDK のインストールに失敗した場合は、pip を使用して SDK をアンインストールしてから再インストールすることを推奨します。 アンインストールコマンドは次のとおりです。

pip uninstall oss2