edit-icon download-icon

Modify Scaling Configuration

最終更新日: Dec 10, 2018

指定されたスケーリング設定を変更します。スケーリング設定の名前を変更する場合、同じ名前のスケーリング設定は同じスケーリンググループに存在できないことに注意してください。

リクエストパラメータ

名前 必須 説明
Action String はい 操作のインターフェイス名です。システムスペックパラメータ、値: ModifyScalingConfiguration
ScalingConfigurationName String いいえ スケーリング設定名です。2 〜 40 文字で、アルファベットまたはカタカナ、平仮名、漢字で構成され、数字、大文字/小文字またはカタカナ、平仮名、漢字で始まる、アンダースコア(_)、ダッシュ( - )、またはドット(.)を含めることができます。同じアカウントの同じリージョンでは、同じスケーリンググループ内で該当の名前は一意です。このパラメータを指定していない場合、デフォルトのスケーリング設定 ID が使用されます。
InstanceName String いいえ 現在のスケーリング設定に基づいて作成されたインスタンスの名前です。
HostName String いいえ クラウドサーバーのホスト名です。ドット(.)またはダッシュ( - )で始まるまたは終了できません。ドット(.)またはダッシュ( - )を連続して使用することはできません。さらに、異なるタイプのインスタンスの命名要件は次のとおりです。
  • 对 Windows インスタンスの場合:ホスト名の長さは 2〜15で、大文字と小文字、数字およびダッシュ( - )で構成され、ドット(.)を含むことはできず、すべて数字にすることはできません。
  • 他のタイプのインスタンス場合(Linux など):ホスト名の長さは 2 〜 128 で、複数のドット符号を含めることができます。2 つのドット符号の間は一つのセグメントであり、各セグメントには大文字、小文字、数字とダッシュ( - )を使用できます。
ImageId String いいえ イメージファイル IDは、インスタンスの起動時に選択されたイメージリソースを指定します。
ScalingConfigurationId String はい スケーリング設定 ID、変更するスケーリング設定を指定します。
InternetChargeType String いいえ ネットワーク課金タイプです。オプション値:
  • PayByBandwidth:帯域幅による課金、そのときInternetMaxBandwidthOutは選択された固定帯域幅値です。
  • PayByTraffic:トラフィック課金、そのとき、InternetMaxBandwidthOutは帯域幅の上限だけであり、発生するネットワークトラフィックに基づいて課金します。
このパラメータを指定していない場合、クラシックネットワークでは、PayByBandwidthのデフォルト値が指定され、VPC では、PayByTrafficのデフォルト値が指定されます。
InternetMaxBandwidthOut Integer いいえ パブリックネットワークの最大帯域幅です。単位は Mbps ((メガビット/秒))。値の範囲:
  • 帯域幅による課金の場合:1-100、このパラメータを指定していない場合、帯域幅は自動的に 0 Mbps に設定されます。
  • トラフィック課金の場合:1-100。このパラメータを指定しないと、エラーが発生します。
SystemDisk.Category String いいえ システムディスクのディスクタイプです。値の範囲:
  • cloud:通常のクラウドディスク
  • cloud_efficiency:効率的なクラウドディスク
  • cloud_ssd:SSD クラウドディスク
  • ephemeral_ssd:ローカル SSD ディスク
InstanceType がシリーズ Iスペックで、インスタンスが非 I/O 最適化インスタンスに属している場合、デフォルト値は:cloud。それ以外の場合、デフォルト値は:cloud_efficiency
SystemDisk.Size Integer いいえ システムディスクのサイズ、単位:GB。値の範囲:
  • cloud:40-500
  • cloud_efficiency:40-500
  • cloud_ssd:40-500
  • ephemeral_ssd:40-500
デフォルト値:max{40, ImageSize}。このパラメータを指定すると、システムディスクのサイズは ≥ max{40, ImageSize} でなければなりません。
LoadBalancerWeight Integer いいえ バックエンドサーバーの重みです。値の範囲:0-100,デフォルト値:50。
UserData String いいえ インスタンスのカスタムデータです。Base64 モードでエンコードする必要があります。元のデータは最大 16KB です。
KeyPairName String いいえ 秘密鍵ペア名です。
  • Windows ECS インスタンスの場合、このパラメータは無視され、デフォルトでは空になります。
  • Linux ECS インスタンスの場合、パスワードログイン方式が初期化で無効化されます。
RamRoleName String いいえ インスタンスの RAMロール名です。この名前は RAM によって提供および維持され、 ListRoles を介して照会することができます。また、 CreateRoleを参照することもできます。
InstanceTypes.N String いいえ マルチインスタンスのスペースパラメータです。InstanceTypes.Nが使用されている場合、 InstanceTypeは無視されます。N の値は1-10 の範囲で設定できます。つまり、スケーリング設定で最大 10 種類のインスタンススペックを設定できます。N は、現在のスケーリング設定におけるインスタンススペックの優先順位を表します。番号 1 のインスタンスが最も優先順位が高く、インスタンスの優先順位は、番号が大きくなるにつれて低下します。より高い優先度のインスタンススペックに基づいてインスタンスを作成できない場合、 Auto Scaling サービスは自動的に次の優先度のインスタンススペックを選択してインスタンスを作成します。
Tags String いいえ インスタンスタグです。タグはキーと値のペアで渡されます。最大 5 セットのタグを使用できます。形式:{“key1”:”value1”,”key2”:”value2”, … “key5”:”value5”}。Key と Value の使用要件は次のとおりです。
  • Key は最大 64 文字までサポートされており、aliyun、http://、および https:// で始まることはできません。一度タグを使用すると、Key は空文字列を使用できません。
  • Value は 128 文字までサポートされ、aliyun、http://、および https:// で始まることはできません。Value には空白文字列を使用できます。
PasswordInherit Boolean いいえ イメージのプリセットパスワードを使用するかどうかを指定します。このパラメータを使用するときは、使用するイメージにパスワードがあらかじめ設定されていることを確認する必要があります。
IoOptimized String いいえ I/O最適化インスタンスであるかどうかを確認します。値の範囲:
  • none:非 I/O 最適化
  • optimized:I/O 最適化
InstanceType廃止されたインスタンススペックです。デフォルト値:none
InstanceType 非シリーズ I のスペックです。デフォルト値:optimized
SpotStrategy String いいえ 従量課金インスタンスのプリエンプティブル。パラメータ InstanceChargeType の値が PostPaid のとき、有効になります。値の範囲:
  • NoSpot:通常の従量課金インスタンス
  • SpotWithPriceLimit:上限価格を設定済みのプリエンプティブインスタンス
  • SpotAsPriceGo:システム自動入札、現在の市場の実際の価格に従います。
デフォルト値:NoSpot
SpotPriceLimit Float いいえ インスタンスの最大時間単価を設定します。小数点以下 3 桁までサポートします。パラメータ SpotStrategy の値が SpotWithPriceLimit の場合に有効になります。
DataDisk.N.Category String いいえ データディスク N のディスクタイプ。値の範囲:
  • cloud:通常のクラウドディスク、インスタンスとともに作成された通常のクラウドディスクのDeleteWithInstanceプロパティの値はtrueです。
  • cloud_efficiency:効率的なクラウドディスク
  • cloud_ssd:SSD クラウドディスク
  • ephemeral_ssd:ローカル SSD ディスク
デフォルト値:cloud
DataDisk.N.Size Integer いいえ データディスク N のサイズ、単位:GB。N は 1 から番号が付けられ、16 ブロックまでです。値の範囲:
  • cloud:5-2000
  • cloud_efficiency:20-32768
  • cloud_ssd:20-32768
  • ephemeral_ssd:5-800
このパラメータを指定した後、ディスクサイズはスナップショットサイズ以上でなければなりません。(スナップショットはSnapshotIdによって指定されます)。
DataDisk.N.SnapshotId String いいえ データディスクで使用されるスナップショットを作成します。N の値は:1-4 です。このパラメータを指定すると、DataDisk.N.Size は無視されます。実際のディスクサイズは、指定されたスナップショットのサイズとなります。スナップショットが 2013年7月15日またはそれ以前に作成された場合、コールは拒否され、リターンパラメータに最大 4 つのInvalidSnapshot.TooOldを入力できます。
DataDisk.N.Device String いいえ データディスクマウントポイント,N の値は:1-4 です。このパラメータを指定しない場合、デフォルトでは、ECS インスタンスが自動的に作成されるときに ECS システムによって、/dev/xvdbから/dev/xvdzまで割り当てられます。
DataDisk.n.DeleteWithInstance Boolean いいえ データディスクをインスタンスとともにリリースするかどうかを指定します。値の範囲:
  • true:インスタンスがリリースされると、ディスクはインスタンスと共にリリースされます。
  • false:インスタンスがリリースされるときにディスクがリリースされずに保留しておきます。
デフォルト値は:trueです。このパラメータは、独立したクラウドディスク(DataDisk.n.Categorycloudcloud_efficiencyまたはcloud_ssd)に対してのみ設定できます。そうでない場合はエラーが発生します。

リターンパラメータ

名前 説明
RequestId String リクエストID、システムによって生成されます。

リクエストの例

  1. http://ess.aliyuncs.com/?Action=ModifyScalingConfiguration
  2. &ScalingConfigurationId=asc-xxxxxxxxxxxxxx
  3. &ScalingConfigurationName=test-modify
  4. &ImageId=centos6u5_64_20G_aliaegis_20140703.vhd
  5. &<パブリックリクエストパラメータ>

戻り値の例

XML 形式

  1. <ModifyScalingConfigurationResponse>
  2. <RequestId>04F0F334-1335-436C-A1D7-6C044FE73368</RequestId>
  3. </ModifyScalingConfigurationResponse>

JSON 形式

  1. {
  2. "requestId": "04F0F334-1335-436C-A1D7-6C044FE73368"
  3. }

エラーコード

すべてのインターフェイスの汎用エラーについては、クライアントエラー一覧またはサーバーエラー一覧をご参照ください。。

エラーコード エラーメッセージ HTTPステータスコード 説明
Forbidden.Unauthorized A required authorization for the specified action is not supplied. 403 現在のActionには操作が許可されていません。。
InvalidDataDiskSnapshotId.NotFound Snapshot “XXX” does not exist. 404 指定されたスナップショットが存在しません。
InvalidDataDiskSnapshotId.SizeNotSupported The capacity of snapshot “XXX” exceeds the size limit of the specified disk category. 400 指定されたスナップショットのサイズがディスク・サイズの制限値を超えています。
InvalidImageId.NotFound The specified image does not exist. 404 指定されたイメージが存在しません。
InvalidKeyPairName.NotFound The specified KeyPairName does not exist in our records. 400 指定されたKeyPairNameが存在しません。
InvalidNetworkType.ForRAMRole RAMRole can’t be used For classic instance. 400 クラシックネットワークインスタンスはRamRoleNameパラメータをサポートしていません。
InvalidParamter The specified value of parameter is not valid. 400 指定されたパラメータの値が無効です。
InvalidScalingConfigurationName.Duplicate The specified value of parameter is duplicated. 400 スケーリング設定名がすでに存在します。
InvalidSecurityGroupId.IncorrectNetworkType The network type of specified Security Group does not support this action. 400 指定されたセキュリティグループは、スケーリンググループで指定されたネットワークタイプと一致しません。
InvalidSecurityGroupId.VPCMismatch The specified security group and the specified virtual switch are not in the same VPC. 400 指定されたセキュリティグループと仮想スイッチが同じ仮想プライベートネットワークに属していません。
InvalidTags.KeyValue The specified tags key/value cannot be empty. 400 Tagsパラメーターを指定する必要があります。
InvalidTags.ListSize The specified tags list size cannot be more than “5”. 400 Tagsリストのサイズが制限値を超えています。
InvalidUserData.Base64FormatInvalid The specified parameter UserData must be base64 encoded. 400 UserDataは Base64 エンコーディング仕様に準拠していません。
InvalidUserData.SizeExceeded The specified parameter UserData exceeds the size. 400 指定されたUserDataが長すぎます。