edit-icon download-icon

DBS インスタンスの選択方法

最終更新日: Dec 20, 2018

DBS は、継続的なデータ保護のためのセキュアでコスト効率の高いソリューションです。このサービスでは、micro、small、medium、large の 4 つのインスタンスタイプが用意されています。これらのインスタンスタイプは、異なるパフォーマンスを提供します。このセクションでは、お客様のニーズに合う DBS インスタンスを選択する方法について説明します。

バックアップデータは、DBS サーバーを使用して送信された実際のデータです。また、データベースサーバーのディスクに保存されているファイルデータとは異なります。バックアップデータのサイズは、ファイルデータよりも小さく、データベースタイプ、バックアップ方法、バックアップの精度、空きディスク容量などの要素によって異なります。

ストレージデータは、ストレージシステムに格納されている実際のデータです。ストレージデータは、バックアップデータとは異なり、バックアップデータのストレージ形式や圧縮アルゴリズムなどの要素によって異なります。

DBS 料金の詳細については、「課金項目」 をご参照ください。

バックアップコストの削減の詳細については、「バックアップ計画を最適化する方法」 をご参照ください。

DBS インスタンスの選択方法

1. バックアップの目的に基づいて選択する

  • 独立開発者:micro インスタンスの使用を推奨します。このインスタンスタイプは、20 GB 未満のデータを持つ小規模な Web サイトや、ブログのデータベースのバックアップに適しています。データの損失が発生した場合は、指定した時点にデータベースを復元できます。
  • 企業:small インスタンスの使用を推奨します。このインスタンスタイプは、約 100 GB のデータを持つデータベースのバックアップに適しています。実際のニーズに応じて、インスタンスを medium、または large タイプにアップグレードできます。
  • 400 GB 以上のデータファイルを持つ企業:large インスタンスの使用を推奨します。このインスタンスタイプは、完全バックアップ、増分バックアップ、およびデータベース復元に、最適なパフォーマンスを提供します。

2. 推定バックアップデータに基づいて選択する

毎月のバックアップデータサイズを見積もり、最も費用対効果の高いインスタンスタイプを選択できます。

3. 実際のバックアップデータに基づいて選択する

最初に small インスタンスタイプを選択し、後で実際のバックアップデータに基づいてインスタンスタイプを変更できます。

  • 独立開発者は、micro インスタンスタイプから開始し、企業ユーザーは、最初に small インスタンスタイプの使用を推奨します。
  • 実際のバックアップデータを表示するには、DBS コンソールにログインし、[バックアップ計画] リストに進みます。
  • バックアップデータ VS インスタンスタイプの表に基づいて、最もコスト効率の高いインスタンスタイプを見つけることができます。

4. バックアップメトリックに基づいて選択する

データベースサイズ、TPS、完全バックアップ頻度などのメトリックに基づいて、月次バックアップデータサイズを見積もり、最もコスト効率の高いインスタンスタイプを選択できます。