edit-icon download-icon

概要

最終更新日: Nov 30, 2018

Function Compute はイベント駆動型サービスです。関数の実行は、特定のイベントによってトリガーされます。リクエストが API Gateway に到着すると、Function Compute がバックエンドサービスとして設定されている場合、API Gateway はその関数を呼び出します。その後、Function Compute は API Gateway に実行結果を返します。

この例では、API Gateway を使用して関数をトリガーする方法について説明します。API Gateway を使用して関数を呼び出す方法、API Gateway からのパラメーターを使用して関数を呼び出す方法、および処理結果を API Gateway に返す方法について学ぶことができます。

内容

API Gateway イベントソースによってトリガーされた関数を実行するには、次の手順を実行します。

  1. 関数の作成を実行する。
  2. 関数コードを記述する。
  3. API の作成を実行し、API Gateway コンソールで API Gateway のバックエンドサービスとして Function Compute を設定する。
  4. 関数のテストを実行する。

次の手順

関数の作成を実行する。