edit-icon download-icon

1. HTTP トリガーの作成

最終更新日: Apr 15, 2019

以下の例では、関数の作成時に HTTP トリガーを作成しています。

関数の作成時に HTTP トリガーを設定できます。関数の作成時にコンソールでデフォルトのハンドラが用意されていて、HTTP トリガー用のハンドラと普通のハンドラが違います。関数の作成時に HTTP トリガーを使う場合、それに合うハンドラになります。

関数の作成時に HTTP トリガーを設定する

  1. Function Compute コンソールにログインします。

  2. サービスを作成します。この例では、

    1. [サービス名] を Web サーバーに設定し、[リージョン] を上海 (中国東部 2) に設定します。

    2. [詳細設定] を有効にします。

    3. [ログ設定] エリアで、[ログプロジェクト] と [LogStore] を設定します。

      関数のログデータは、Logstore に収集され、問題をより簡単にデバッグできます。ログの詳細については、「関数ログ」をご参照ください。

    4. [ロール設定] エリアで、[ロール操作] を [新しいロールを作成] に設定し、[システムポリシー] をAliyunLogFullAccess に設定します。[承認] をクリックして、[OK] をクリックします。

      この例では、ロールには他の Alibaba Cloud サービスへのアクセス権限が与えられています。権限付与の詳細については、「RAM」をご参照ください。

  3. 左側のナビゲーションペインで、作成したサービスを選択します。

  4. [関数の作成] をクリックします。表示されたページで、次の手順を実行します。

    1. 言語選択ドロップダウンリストから [nodejs8] または [python2.7] を選択します。この例では、両方の言語が選択されています。

    2. [空の関数] テンプレートを選択します。

    3. [トリガータイプ] を [HTTP トリガー] に設定し、以下のように設定したら、[次へ] をクリックします。

      1. [承認] を [anonymous] に設定します。このモードは匿名アクセスをサポートしており、認証は必要ありません。

      2. [メソッド] を必要な関数がサポートしているメソッドに設定します。たとえば、[GET] や [POST] などです。

    4. 関数を作成するために、[サービス名]、[関数名]、[関数の説明]、および [ランタイム] を設定します。

    5. [次へ] をクリックします。

    6. すべての設定が正しいことを確認し、[作成] をクリックします。

参照

関数の作成後に HTTP トリガーを作成する方法については、「トリガー操作」をご参照ください。

コンソールでサービスを作成する方法については、「サービス操作」をご参照ください。

次の手順

関数コードの記述