指定されたインスタンス起動テンプレートを基に、別バージョンを作成します。

説明

各インスタンス起動テンプレートにつき、バージョンを 30 まで作成できます。テンプレートを変更する API は用意されていませんが、テンプレートを使い回して新しいバージョンを作成する API が用意されています (CreateLaunchTemplateVersion)。テンプレートのパラメータを変更するには、テンプレートの新バージョンを作成します。詳細については、CreateLaunchTemplate をご参照ください。

リクエストパラメータ

名前 必須 説明
Action String はい 本インターフェイスの名前。値: CreateLaunchTemplateVersion
RegionId String はい インスタンスのリージョン ID。最新のリージョン情報を確認するには、DescribeRegions を呼び出します。
LaunchTemplateId String はい インスタンス起動テンプレートの ID。DescribeLaunchTemplates を呼び出してテンプレート ID を確認します。LaunchTemplateIdまたはLaunchTemplateNameでテンプレートを指定します。
LaunchTemplateName String はい インスタンス起動テンプレート名。文字列の長さは、2 ~ 128 にします。先頭は半角英字 (大文字小文字可) または漢字にする必要がありますが、以降は半角英数字、漢字、句点 (.)、アンダースコア (_)、および、ハイフン (-) を使用できます。「http://」 および 「https://」 で始めることはできません。
VersionDescription String いいえ インスタンス起動テンプレートバージョンの説明。文字列の長さは 2 ~ 256 にします。「http://」 および 「https://」 で始めることはできません。
ImageId String いいえ イメージ ID
InstanceType String いいえ インスタンスタイプ。最新のインスタンスタイプのリストを取得するには、DescribeInstanceTypes を呼び出します。
SecurityGroupId String いいえ セキュリティグループ ID
NetworkType String いいえ インスタンスのネットワークタイプ。指定可能な値: 「classic」まはた「vpc」
VSwitchId String いいえ VPC 接続インスタンスを作成する場合、その VSwitch ID を指定します。
InstanceName String いいえ インスタンス名。文字列の長さは、2 ~ 128 にします。先頭は半角英字 (大文字小文字可) または漢字にする必要がありますが、以降は半角英数字、漢字、句点 (.)、コロン (:)、アンダースコア (_)、および、ハイフン (-) を使用できます。
Description String いいえ インスタンスの説明。文字列の長さは 2 ~ 256 にします。「http://」 および 「https://」 で始めることはできません。
InternetMaxBandwidthIn String いいえ インターネットからのインバウンドトラフィックの最大帯域幅 (単位:Mbit/秒)。指定可能な値:1 〜 200
InternetMaxBandwidthOut String いいえ インターネットへのアウトバウンドトラフィックの最大帯域幅 (単位: Mbit/秒)。指定可能な値:0 〜 100
HostName String いいえ インスタンスのホスト名
  • 先頭および末尾に句点 (.) およびハイフン (-) を使用できません。また、句点 (.) およびハイフン (-) を 2 つ以上連続させることもできません。
  • Windows の場合: ホスト名は長さ 2 ~ 15 字にします。句点 (.) は使用できません。また、数字のみにすることもできません。半角英数字(大文字小文字可)、およびハイフン (-) を含めることができます。
  • その他の OS: ホスト名は長さ 2 ~ 64 字にします。句点 (.) で区切ることができ、半角英数字 (大文字小文字可)、ハイフン (-) を含めることができます。
ZoneId String いいえ インスタンスのゾーン ID
SystemDisk.Category String いいえ システムディスクのディスクタイプ。指定可能な値:
  • Cloud: 基本クラウドディスク
  • cloud_efficiency: Ultra クラウドディスク
  • cloud_ssd: SSD クラウドディスク
  • ephemeral_ssd: エフェメラル SSD
SystemDisk.Size Integer いいえ システムディスクのサイズ (単位:GB)。指定可能な値:20 〜 500
SystemDisk.DiskName String いいえ システムディスク名。文字列の長さは、2 ~ 128 にします。先頭は半角英字(大文字小文字可) または漢字にする必要がありますが、以降は半角英数字、漢字、句点 (.)、コロン (:)、アンダースコア (_)、および、ハイフン (-) を使用できます。
SystemDisk.Description String いいえ システムディスクの説明。文字列の長さは、2 ~ 256 にします。「http://」 および 「https://」 で始めることはできません。
DataDisk.n.Category String いいえ データディスクのタイプ。n に指定可能な値:1 〜 16。指定可能な値は、
  • Cloud: 基本クラウドディスク
  • cloud_efficiency: Ultra クラウドディスク
  • cloud_ssd: SSD クラウドディスク
  • ephemeral_ssd: エフェメラル SSD
DataDisk.n.Size Integer いいえ データディスクの容量。nに指定可能な値:1 〜 16。指定可能な値:
  • cloud の場合、5 〜 2000
  • cloud_efficiency の場合、20 〜 32768
  • cloud_ssd の場合、20 〜 32768
  • ephemeral_ssd の場合、5 〜 800
DataDisk.n.SnapshotId String いいえ データディスクの作成に使用するスナップショット。n に指定可能な値:1 〜 16
DataDisk.n.Encrypted Boolean いいえ データディスクを暗号化する場合に指定します。n に指定可能な値:1 ~ 16
DataDisk.n.DiskName String いいえ データディスクの名前。n に指定可能な値:1 ~ 16。文字列の長さは、2 ~ 128 にします。先頭は半角英字(大文字小文字可) または漢字にする必要がありますが、以降は半角英数字、漢字、句点 (.)、コロン (:)、アンダースコア (_)、および、ハイフン (-) を使用できます。
DataDisk.n.Description String いいえ データディスクの説明。n に指定可能な値:1 ~ 16。文字列の長さは、2 ~ 256 にします。「http://」 および 「https://」 で始めることはできません。
DataDisk.n.DeleteWithInstance String いいえ インスタンスのリリース時に、併せてデータディスクをリリースする場合に指定します。n に指定可能な値:1 ~ 16
IoOptimized String いいえ インスタンスの I/O を最適化するか否かを指定します。指定可能な値:
  • none
  • optimized
NetworkInterface.1.PrimaryIpAddress String いいえ ENI のプライマリプライベート IP アドレス。
NetworkInterface.1.VSwitchId String いいえ ENI の VSwitch ID。インスタンスは ENI と同一の VPC ネットワークに属している必要はありますが、割り当てられる VSwitch は異なっても構いません。
NetworkInterface.1.SecurityGroupId String いいえ セキュリティグループ ID は、VPC と同じグループ ID にする必要があります。
NetworkInterface.1.NetworkInterfaceName String いいえ ENI 名。文字列の長さは、2 ~ 128 にします。先頭は半角英字(大文字小文字可) または漢字にする必要がありますが、以降は半角英数字、漢字、句点 (.)、コロン (:)、アンダースコア (_)、および、ハイフン (-) を使用できます。
NetworkInterface.1.Description String いいえ ENI の説明。文字列の長さは、2 ~ 256 にします。「http://」 および 「https://」 で始めることはできません。
InternetChargeType String いいえ インターネット帯域幅課金方法。指定可能な値: PayByTraffic
UserData String いいえ Base64 エンコードされた、インスタンスのユーザーデータ。16 KB を超えたユーザーデータは指定できません。
KeyPairName String いいえ キーペアの名前
  • 本パラメータは、Windows インスタンスには無効です。初期値は空です。本パラメータを設定しても、  Password 値のみが使用されます。
  • Linux インスタンスの場合、初期化の際にパスワードログインができないように設定されます。
RamRoleName String いいえ インスタンスの RAM ロール名。 インスタンスの RAM ロール名を照会するには、RAMListRoles API を使用します。
AutoReleaseTime String いいえ インスタンスの自動リリース時間 (ISO8601 の UTC 時間)。 書式:  YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ 
SpotStrategy String いいえ プリエンプティブルインスタンスを作成する場合に、希望するスポット料金を設定します。InstanceChargeTypeパラメータにPostPaidが指定されている場合にのみ必須です。指定可能な値:
  • NoSpot: 通常の従量課金インスタンス
  • SpotWithPriceLimit:プリエンプティブルインスタンスの最大料金
  • SpotAsPriceGo:最高値の従量課金インスタンスの料金
SpotPriceLimit Float いいえ インスタンスの 1 時間当たりの料金の上限を設定します (小数点第 3 位まで)。
SecurityEnhancementStrategy String いいえ セキュリティ強化機能を有効にするか否かを指定します。有効にすると無料でネットワークセキュリティソフトウェアがインストールされます。指定可能な値:「Active」または「Deactive」
Tag.n.Key String  いいえ  タグのキー。本タグは、インスタンス、ディスク、セキュリティグループ、または、イメージに適用されます。n に指定可能な値: 1 ~ 20。一旦本パラメータを使用すると、後で空の文字列を指定することはできません。64 字以内の文字列を指定します。「aliyun」、「acs:」、「http://」 および 「https://」 で始めることはできません。
Tag.n.Value String  いいえ  タグの値。本タグは、インスタンス、ディスク、セキュリティグループ、または、イメージに適用されます。n に指定可能な値: 1 ~ 20。一旦本パラメータを使用すれば、後で空の文字列を指定することができます。128 字以内の文字列を指定します。「aliyun」、「acs:」、「http://」 および 「https://」 で始めることはできません。

レスポンスパラメータ

名前 説明
LaunchTemplateVersionNumber Long インスタンス起動テンプレートのバージョン番号

リクエスト例
  1. https://ecs.aliyuncs.com/?Action=CreateLaunchTemplateVersion&RegionId=cn-hangzhou&LaunchTemplateName=lt-name1&InstanceType=ecs.cm4.6xlarge&SecurityGroupId=sg-securitygroupid&<Common Request Parameters>
レスポンス例

XML 形式

  1. <CreateLaunchTemplateVersionResponse> <RequestId>04F0F334-1335-436C-A1D7-6C044FExxxxx</RequestId> <LaunchTemplateVersionNumber>2</LaunchTemplateVersionNumber></CreateLaunchTemplateVersionResponse>
JSON 形式
  1. { RequestId”: 04F0F334-1335-436C-A1D7-6C044FExxxxx”, LaunchTemplateVersionNumber”: 2}

エラーコード

本インターフェイスに固有のエラーコードは以下のとおりです。その他のエラーコードについては、API Error Center をご参照ください (英語のみ)。

エラーコード エラーメッセージ HTTP ステータスコード  説明
InvalidLaunchTemplate.NotFound The specified LaunchTemplateId “{0}” LaunchTemplateName “{1}” is not found. 400 指定されたLaunchTemplateIdまたはLaunchTemplateNameが見つかりません。
MissingParameter The input parameter “{0}” that is mandatory for processing this request is not supplied. 400 必須パラメータがありません。
InvalidParameter the parameter(s) “{0}” provided is(are) invalid. 400 無効なパラメータが指定されています。
InvalidDescription.Malformed The specified parameter “VersionDescription” is not valid. 400 指定されたVersionDescriptionは無効です。
InvalidUserData.SizeExceeded The specified parameter UserData exceeds the size. 400 指定されたUserDataは 16 KB を超えています。
InvalidUserData.Base64FormatInvalid The specified parameter UserData must be base64 encoded. 400 UserDataは、Base64 でエンコードされている必要があります。
LaunchTemplateVersionLimitExceed The maximum number of template’s versions is exceeded. 403 各インスタンス起動テンプレートに作成できるバージョンは 30 までです。
InnerServiceFailed call inner service failed 403 内部サーバーエラー