デバイスごとに固有の証明書での認証方法を使用するには、各デバイスに固有のデバイス証明書があらかじめインストールされている必要があります。 デバイスを IoT Platform に接続すると、IoT Platform はそのデバイスの ProductKey、DeviceName、および DeviceSecret を認証します。 認証にバスすると、IoT Platform はデバイスを有効化してデバイスと IoT Platform間のデータ通信を有効にします。

このタスクについて

デバイスごとに固有の証明書での認証方法は、安全な認証方法です。 この認証方式を使用することを推奨します。

デバイスごとに固有の証明書での認証のワークフロー

手順

  1. IoT Platform コンソール でプロダクトを作成します。詳細については、ユーザーガイド内の「プロダクトの作成」をご参照ください。
  2. 作成したプロダクトにデバイスを登録し、デバイス証明書を取得します。
  3. 証明書をデバイスにインストールします。
    次の手順を実行します。
    1. デバイス側の SDK をダウンロードします。
    2. デバイス側の SDK の設定します。 デバイス側の SDK で、デバイス証明書 (ProductKey、DeviceName、および DeviceSecret) を設定します。
    3. OTA 開発、サブデバイス接続、TSL ベースのデバイス機能開発、デバイスシャドウ開発など、ビジネスニーズに基づいてデバイス側 SDK を開発します。
    4. 製造工程中に、開発したデバイス SDK をデバイスにインストールします。
  4. 電源を入れ、デバイスを IoT Platform に接続します。 デバイスは、デバイスごとに固有の証明書での認証方式を使用して IoT Platformへの認証リクエストを開始します。
  5. IoT Platform はデバイス証明書を認証します。 認証にパスし、IoT Platform との接続が確立された後、デバイスはメッセージをトピックにパブリッシュし、トピックメッセージをサブスクライブすることで IoT Platform と通信することができます。