edit-icon download-icon

Function Compute の操作

最終更新日: Oct 10, 2019

このトピックでは、Function Compute の基本操作について説明します。Function Compute を使用すると、関数コードを記述してアプリケーションをすばやく構築できます。つまり、サーバーの管理は不要です。さらに、Function Compute は柔軟なスケーリングに対応しています。また、従量課金ベースでサービスを利用できます。

開発者ツール

Function Compute は、コマンドラインツール fcliコマンドラインツール funコンソールに対応しています。fcli またはコンソールを使用して、サービスまたはクエリログを構築できます。

サービスの構築

Function Compute でサービスを構築するには、次の手順を実行します。

FCOperations

  1. サービスを作成します。

  2. 関数を作成します。関数コードを使用して、アプリケーションをプログラミングします。

  3. 関数の実行をトリガーします。イベントを使用して、関数の実行をトリガーします。

  4. 関数の実行ログを表示します。

  5. サービスのモニタリングとアラームを表示します。

サービスの作成

サービスは、Function Compute のリソースを整理して管理するのに役立ちます。アクセス許可を与えたり、ログを設定したり、関数を作成できます。

関数の作成

関数は、特定の関数を実行するアプリケーションコードの基本単位であり、システムのスケジューリングや実行に使用されます。Function Compute で提供されているハンドラを使用してコードを記述し、そのコードを Function Compute の関数としてデプロイできます。Function Compute のサービスは、ソフトウェアアプリケーションアーキテクチャのマイクロサービスに対応しています。Function Compute でアプリケーションを構築する場合は、必要に応じてサービスロジックをマイクロサービスに抽象化してから、Function Compute のサービスとしてマイクロサービスを実装する必要があります。

1 つのサービスに対して複数の関数を作成し、各関数に異なるメモリサイズ、環境変数、またはその他の属性を設定できます。サービスや関数の階層的抽象化を行うことで、システムの抽象化と実装の柔軟性のトレードオフのバランスを取っています。たとえば、マイクロサービスを実装するために、Alibaba Cloud インテリジェント音声対話を使用して、テキストを音声に変換し、この音声をイメージと組み合わせてビデオを作成するとします。テキストを音声に変換する際は、他のサービスが呼び出されます。通常、この操作には小さなメモリサイズを設定します。しかし、ビデオの合成は、計算集約型のサービスであり、大きなメモリが必要です。したがって、異なる仕様の関数を組み合わせてマイクロサービスを実装することで、コストを削減できます。

  • 関数の詳細については、「関数の作成」をご参照ください。

  • 関数関連操作の詳細については、「関数の操作」をご参照ください。

関数の実行をトリガーする

Function Compute では、イベントを使用して関数の実行をトリガーできます。たとえば、OSSトリガーが設定されている場合、OSS バケット内のオブジェクトが作成、または削除されたときに関数が実行されます。アップロードされたオブジェクトを処理したり、必要に応じて削除されたオブジェクトの冗長データをクリーンアップできます。Log Serviceトリガーが設定されている場合、新しいログエントリが Log Service の Logstore に書き込まれると、関数が実行されます。そのため、新しいログエントリを簡単に処理できます。

必要に応じて関数の実行をトリガーするには、特定のトリガーを設定する必要があります。現在、Function Compute には、OSSイベントトリガー Log ServiceトリガーHTTP トリガー時間トリガー があります。

  • トリガーの詳細については、「トリガーの作成」をご参照ください。

  • トリガー関連の操作の詳細については、「トリガーの操作」をご参照ください。

  • Function Compute でサポートされるトリガーの詳細については、「トリガー」をご参照ください。

コンソール、fcli ツール、または SDK を直接使用して、トリガーを設定する必要のない関数を呼び出すことができます。

関数実行ログの表示

ログの確認は、システムのデバッグにとって重要です。Function Compute でログを設定および表示する方法については、「関数ログ」をご参照ください。

サービスモニタリングの表示

Function Compute コンソールで、サービスのモニタリングを表示できます。

  • メトリックのモニタリングの詳細については、「メトリック」をご参照ください。

  • モニタリングデータの詳細については、「メトリックデータ」をご参照ください。