このドキュメントでは、Dedicated Host (DDH) に ECS インスタンスをデプロイする場合の Elastic Compute Service (ECS) リソースの課金方法について説明します。

DDH で実行されている ECS インスタンスの場合、インスタンスの vCPU、メモリ、およびローカルディスクに関して料金を支払う必要はありません。 ただし、ECS インスタンスのイメージ、ディスク、パブリック帯域幅、スナップショット、およびその他のリソースの料金については支払う必要があります。 詳細は、「サブスクリプション」、「インターネット帯域幅の課金」、「スナップショットサービス料金の詳細 (容量ごとのお支払い)、および「課金方法」をご参照ください。

DDH のサブスクリプションが有効な場合、インスタンスの関連リソースへの課金方法は、インスタンスのステータスに依存します。

実行中のインスタンス

[実行中] ステータスのすべてのインスタンスは、課金方法に関係なく、予定どおりに課金されます。

停止インスタンス

停止インスタンスの場合、関連リソースはインスタンスの課金方法に基づいて請求されます。
  • サブスクリプションインスタンス

    サブスクリプション ECS インスタンスが停止された後、関連するすべてのリソースは予定どおりに課金されます。

  • 従量課金インスタンス
    停止した VPC インスタンスを無課金にする 機能は、 DDH で実行されている従量課金インスタンスには完全には適用できません。 これは、共有ホストで実行されている従量課金 ECS インスタンスとは異なります。 インスタンスが停止した後、関連リソースの課金に対する変更点は次のとおりです。
    • イメージ:イメージは保持されます。 イメージが有料イメージの場合、課金は続行されます。
    • パブリック帯域幅:
      • インスタンスにパブリック IP アドレスが割り当てられている場合、IP アドレスはリリースされ、パブリック帯域幅の料金は請求されません。
      • インスタンスが EIP にバインドされており、インスタンスが停止する前にアンバインドされていない場合、EIP は変更されないままで課金が続行されます。
        インスタンスが停止した後、プライベート IP アドレスは変更されません。
    • ディスク:ディスクは保持され、課金は続行されます。