棒グラフは、カテゴリの数値データを縦棒または横棒で比較します。折れ線グラフは、順序付けられたデータを表示しますが、棒グラフは異なるカテゴリデータを表示して、各カテゴリデータの数を表示します。

また、1 つの属性に対して、複数の長方形の図形を使用して、集合棒グラフまたは積み上げ棒グラフで、異なる側面からカテゴリデータの違いを分析することもできます。

基本コンポーネント

  • X 軸 (横軸)
  • Y 軸 (垂直軸)
  • 長方形の図形
  • 凡例

Log Service の棒グラフは、デフォルトで縦棒を使用します。長方形の図形の横幅は固定されており、高さは数値を表示します。 複数のデータ列が Y 軸にマッピングされている場合、集合棒グラフを使用して、データを表示します。

設定項目

設定項目 説明
X 軸 通常、X 軸のカテゴリデータ
Y 軸 Y 軸の値の範囲となる 1 つまたは複数のデータ列
凡例 凡例の位置 (グラフの上部、下部、左または右)
パディング 座標軸とグラフ境界線の間の間隔

手順

  1. クエリページで、検索ボックスにクエリステートメントを入力し、時間間隔を選択して、検索をクリックします。
  2. グラフタブの (棒グラフ) をクリックします。
  3. グラフのプロパティを設定します。
    データカテゴリの数が 20 以下の場合は、棒グラフの使用を推奨します。横幅が広すぎると、解析および比較結果を直感的に表示できないため、データの数を制御するためにLIMIT でデータ数を制御するすることを推奨します。なお、Y 軸にマッピングするデータの列は 5 つ以下にします。

単純棒グラフ

次のステートメントで、指定した期間における各 http_referer の訪問数を照会します。

* | select http_referer, count(1) as count group by http_referer

X 軸に http_referer、Y 軸に count を指定します。

図 1. 単純棒グラフ


集合棒グラフ

次のステートメントで、指定した期間における各 http_referer の訪問数および平均バイト数を照会します。

* | select http_referer, count(1) as count, avg(body_bytes_sent) as avg group by http_referer

X 軸に http_referer、Y 軸に count および avg を指定します。

図 2. 集合棒グラフ