表は、最も一般的なデータ表示の形式であり、データの整理に用いられる最も基本的な方法です。データを並べて整理することにより、一目でデータを照会/分析することができます。Log Service には、SQL と同様の集約機能があります。クエリ分析ステートメントの結果は、デフォルトでは表形式に表示されます。

基本コンポーネント

  • ヘッダー

詳細:

  • 列数は、SELECTの項目数
  • 行数は、指定した期間のログ数により変動 (デフォルトは上限 100)

手順

  1. クエリページで、クエリ欄にクエリステートメントを入力し、期間を選択して、クエリをクリックします。
  2. グラフタブをクリックすると、デフォルトでクエリ結果が表形式で表示されます。

以下がオリジナルのログであった場合、

図 1. オリジナルのログ


  1. 直近 10 件のログのhostnameremote_addr、およびrequest_uriの各列の値を取得
     | SELECT hostname, remote_addr, request_uri GROUP BY hostname, remote_addr, request_uri LIMIT 10
    図 2. ケース 1


  2. 単一データ (例: 指定した期間におけるrequest_time の平均、平均リクエスト数) の小数点以下 3 桁を四捨五入して表示
    * | SELECT round(avg(request_time), 3) as average_request
    図 3. ケース 2


  3. グループ化データ (例: 指定した期間におけるrequest_methodの時間分布) を降順に表示
    * | SELECT request_method, count(*) as count GROUP BY request_method ORDER BY count DESC
    図 4. ケース 3