DDH を使用することで、ビジネスを柔軟に展開できる場合があります。また、ビジネスの安全性とコンプライアンスが保証され、クラウド移行コストを削減できます。

DDH は次のようなシナリオに最適です。

  • BYOL (Bring-Your-Own-Licen-USse)

    ソケット単位、コア単位、VM 単位でソフトウェアライセンスを所有している場合は、物理サーバーで使用する場合と同様に、DDH でも使用できます (ただし、ライセンス条項によります)。 DDH を使用することにより、ビジネスをクラウドに移行する際のコストを削減できます。 対象となるライセンスには、Microsoft Windows Server、Microsoft SQL Server などのソフトウェアライセンスがあります。

  • 厳格な法令遵守

    DDH は、物理サーバーのリソースを完全に制御でき、物理サーバーレベルで物理的な分離が可能なため、厳格な法令遵守を必要とするビジネスに最適です。 さらに、ビジネス実行環境の規制要件を満たすため、特定の DDH 上に ECS インスタンスを作成することもできます。

  • パフォーマンスの安定性

    ゲーム業界のような一部のビジネスでは、高い処理能力とサーバーの安定性が求められます。 DDH は、CPU と I/O の安定性を保証し、ビジネスのパフォーマンスを確実なものにします。

  • デプロイメントの柔軟性

    指定した DDH で ECS インスタンスを作成することができます。また、DDH 間で ECS インスタンスを移行したり、共有クラウドホスティングから DDH に ECS インスタンスを移行することもできます。 柔軟なデプロイメントにより、アプリケーションの配置を細かく調整できます。