ECS コンソールで DDH を作成する方法を説明します。

このタスクについて

ECS コンソールで DDH を作成できます。

Dedicated Host はベータテスト中です。 トライアル版を申請するには、チケットを起票して、サポートセンターへお問い合わせください。

手順

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[Dedicated Host] をクリックします。
  3. Dedicated Host リストページで、[Dedicated Host の作成] をクリックします。
  4. [作成] ページで、次の設定を行います。
    1. [課金方法]: [サブスクリプション] を選択します。
    2. [リージョン]: リージョンの選択方法については、「リージョンとゾーン」をご参照ください。
    3. [Dedicated Host タイプ] を選択し、有効な Dedicated Host 名を入力し、数量を指定します。 詳細は、「Dedicated Host タイプ」をご参照ください。
      Dedicated Host タイプを選択する際、次の点を考慮してください。
      • 選択する Dedicated Host タイプによって、DDH でホストされる ECS インスタンスの構成が決まります。
      • ローカル SSD ディスクを使用する DDH 間では、ECS インスタンスを移行できません。
    4. サブスクリプション DDH を作成するには、[購入サイクル] を選択し、[自動更新] スイッチ をオンにするかどうかを決定します。
    5. Dedicated Host 利用規約の内容を確認します。
    6. 料金を確認します。
    7. [注文の作成] をクリックします。
  5. [注文の作成] ダイアログボックスで、設定を確認して [OK] をクリックします。
  6. サブスクリプション DDH を作成するには、プロンプトに従って支払い、DDH サービスを有効にします。

タスクの結果

Dedicated Host ページに戻り、新しい DDH を表示します。 DDH の作成には数分かかることがあります。 表示されない場合は、ページをリフレッシュしてください。 DDH のステータスが実行中になると、使用可能です。

次のタスク

次の操作