ここでは、DDH の作成からリリースまでのすべてのステータスについて説明します。

DDH のライフサイクルは、作成と同時に開始し、リリースで終了します。 次の表に、DDH の各種ステータスを示します。

ステータス 属性 説明 コンソール表示
起動中 一時的 DDH は作成中で、実行中になる前のステータスです。 DDH が長時間このステータスの場合、例外が発生します。 あり
実行中 定常的 DDH は正常に実行されています。 このステータスの DDH では、ECS インスタンスの作成と管理を行えます。 あり
エラー 定常的

DDH にエラーが発生しました。 チケットを起票し、サポートセンターへお問い合わせください。

あり
期限切れ 定常的

サブスクリプションの DDH の期限が切れた場合、このステータスになります。 サブスクリプションの DDH を更新する必要があります。 これにより、ステータスは期限切れから実行中に変わります。 更新の詳細については、「手動更新」をご参照ください。

あり
リリース済み 定常的 期限切れにより サブスクリプション DDH がリリースされた場合、このステータスになります。 DDH がリリースされると、すべてのリソースは使用できなくなります。 なし