Log Serviceは、複数のログ収集方法を提供します。 Log Serviceを使用して、ECS(Elastic Compute Service)ログ、ローカルサーバーログ、IoTデバイスログ、およびその他のクラウド製品ログを収集できます。

Log Serviceを使用する前に、まず次の準備を行う必要があります。

手順

  1. Log Serviceの有効化

    ご登録されたAlibaba CloudアカウントでLog Serviceプロダクトページにログインします。 Get it Freeをクリックします。 購入ページに自動的にリダイレクトされます。 I agree with Log Service Agreement of Serviceチェックボックスにチェックをいれ、「今すぐ有効にする」をクリックしてLog Serviceを有効にします。

  2. アクセスキー(API / SDK用)を作成して有効にします。

    Logtailを使用してログを収集するには、AccessKeyが必要です。 Log Serviceを使用する前に、AccessKeyを作成する必要があります。

    Log Serviceコンソールで、右上のアバターにマウスを移動します。 ドロップダウンリストからアクセスキーを選択します 。 表示されたダイアログボックスでContinue to manage AccessKeyをクリックして、 Access Key Managementページに入ります。 AccessKeyを作成し、 作成されたAccessKeyが有効になっているかどうかを確認します。

  3. プロジェクトの作成
    Log Serviceコンソールに初めてログインすると、プロジェクトの作成を求めるプロンプトが表示されます。 また、 右上にある プロジェクトの作成をクリックすることもできます。

    プロジェクト説明の変更と、プロジェクトの削除を実行することもできます。 詳細は、プロジェクトの管理を参照してください。

  4. Logstoreの作成。
    プロジェクトを作成した後、システムがユーザーにLogstoreを作成するよう要求します。 また、プロジェクト名をクリックし、 右上の 作成をクリックすることもできます。 Logstoreを作成する際、これらのログの使用方法を指定する必要があります。

    また、Logstoreの変更や、削除を実行することもできます。 詳細は、Logstore の作成を参照してください。

  5. シャードの管理(オプション)
    Logstoreを作成する際に、ログのボリュームと生成速度に基づいてシャードの数を指定できます。 また、Logstoreを変更する際に、シャードを分割または合併することで、シャードの数を変更することもできます。

    シャードの分割/合併の詳細は、シャードの管理を参照してください。

  6. RAM権限付与の実行(オプション)
    クラウド製品のログを収集する必要がある場合、或いはLog ServiceデータをOSSまたは別の製品に保存および分析するために送信する必要がある場合は、Log Serviceまたは他のクラウド製品に関連する権限を付与する必要があります。

    サブアカウントを使用してLog Serviceで操作を実行するには、リソースアクセス管理(RAM)コンソールでサブアカウントにアクセス権限を付与する必要があります。

    権限付与ポリシーと手順の詳細については、概要を参照してください。