edit-icon download-icon

binlog_format 変数を設定してデータベースの復元を容易にする方法

最終更新日: Dec 20, 2018

DBS は、完全バックアップ、増分バックアップ、データ回復などの機能を提供します。このサービスを使用するには、バックアップ計画 (DBS インスタンス) を作成する必要があります。また、データベース設定とアカウントは特定の要件を満たさなければなりません。

MySQL データベースのバックアップについて

  1. binlog_format 変数の値を row に設定して、バイナリログに、DML 文に関する完全なプリイメージとポストイメージデータが含まれるようにする必要があります。これにより、データ復元が容易になります。
  2. binlog_format 変数の値を row に設定して、データ復元が成功する可能性を高めることを推奨します。
  3. binlog_format 変数の値を row に設定すると、バイナリログの内容が変更されるだけで、クエリのパフォーマンスには影響しません。新しい設定が後続のすべてのデータベースへの接続に適用されるように、現在のデータベースへの接続をすべて終了することを推奨します。

操作手順

  1. DBS コンソールにログインし、バックアップ計画の設定ページに進み、事前チェックを実行します。binlog_format の値が row でない場合は、メッセージが表示されます。

  2. binlog_format の値を row に設定するには、データベースシステムにログインし、次のコマンドを実行します。set global binlog_format=ROW

  3. 現在のデータベースへの接続をすべて終了します。