CloudMonitor サービスにより、OSS リソースをモニターすることができます。CloudMonitor を使用することで、Alibaba Cloud 上のリソースの使用状況、パフォーマンス、およびヘルスステータスを表示できます。 アラームサービスを使用すると、問題に対して迅速に対応することができ、アプリケーションを円滑に運用させることができるようになります。 この記事では、OSS リソースのモニタリング方法、OSS アラームルールの設定方法、およびカスタムモニタリングダッシュボードの作成方法について説明します。

前提

OSS リソースのモニタリング

  1. CloudMonitor コンソールにログインします。
  2. 次の図に示すように、左側のナビゲーションウィンドウから、[Cloud Service Monitoring] > [Object Storage Service] を選択して、OSS モニタリングページに入ります。
    OSS モニタリングページでモニタリングデータを入手できます。
    "ユーザー単位" とは、ユーザーレベルのデータ、つまりこのユーザーのすべてのバケットデータを指します。


アラームルールの設定

  1. OSS モニタリングページで アラームルールタブを見つけ[アラームルールの作成]をクリックします。

  2. ユーザーのアラームルールの設定

    設定の詳細については、「アラームルールの管理」をご参照ください。

  3. 設定が完了すると、アラームルールが生成されます。 テストデータを使用し、アラーム情報が正常に受信されたかどうか (電子メール、SMS、Trademanager、または DingTalk を介して) を検証することにより、ルールが有効になったかどうかを確認します。

カスタムモニタリングダッシュボード

CloudMonitor コンソールで OSS のリソースモニタリングマップをカスタマイズできます。 手順は次のとおりです。

  1. CloudMonitor コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[ダッシュボード]をクリックします。
  3. [ダッシュボードの作成]をクリックします。

  4. ダッシュボードの名前を入力して、[ビューの追加] をクリックします。

  5. 必要に応じてテーブルを設定し、[保存]をクリックします。

    構成の詳細については、「モニタリングインジケーターのリファレンス」をご参照ください。