インスタンスがパブリック IP アドレスを割り当てられている場合、インスタンス作成後 6 時間以内であれば、クラシックネットワークか VPC かに関わらず IP アドレスを変更することができます。

制限事項

  • インスタンスにパブリック IP アドレスが付与されていること。 パブリック IP アドレスは、以下の図で示すように、 ECS コンソール上の [インスタンスリスト]にある [IP アドレス] 列で確認できます。



    • インスタンスが作成された時点でパブリック IP アドレスが付与されていない場合、インスタンスが正常に作成された後にネットワークの帯域幅設定をアップグレードまたはダウングレードすることによって IP アドレスを付与することができます。 詳しくは、「 設定変更の概要」をご参照ください。
    • 従量課金インスタンスの作成中にパブリックネットワーク IP アドレスを付与しない場合、インスタンスが正常に作成された後にパブリック IP アドレスの付与はできません。 Elastic IP アドレス (EIP) の付与 だけが可能です。
  • インスタンスは 停止済み ステータスでなければなりません。

  • インスタンスが 6 時間以上存在していないこと。

    VPC ネットワーク内の VPC インスタンスは 6 時間後に パブリック IP アドレスから EIP アドレスへ変更できます。 クラシックネットワーク内のインスタンスのパブリック IP アドレスは変更できません。
  • インスタンスのパブリック IP アドレスは最大 3 回変更できます。

前提条件

インスタンスは停止済み のステータスでなければなりません。

手順

パブリック IP アドレスを変更するには、以下の手順を実行します。

  1. 「ECS コンソール」 にログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、 [インスタンス] をクリックします。
  3. 対象リージョンを選択します。
  4. パブリック IP アドレスを変更するインスタンスを選択し、[操作] 列で[詳細] > ネットワークとセキュリティグループ > パブリック IP の変更をクリックします。
    インスタンスの作成後 6 時間以上経過している場合、 [詳細] ドロップダウンメニューにある[パブリック IP の変更] は利用できません。
  5. [開始] をクリックします。

    以下の図のようにパブリック IP アドレスが表示されます。



  6. [OK] をクリックします。

関連する操作

ECS インスタンスのプライベート IP アドレスを変更 できます。