edit-icon download-icon

SMB プロトコル

最終更新日: Aug 03, 2018

SMB (Server Message Block) は CIFS (Common Internet File System) とも呼ばれますが、CIFS は通常、SMB 2 より前の SMB プロトコルを指します。SMB は、ネットワーク上のファイル、プリンターその他の共有リソースにアクセスするために使用される、アプリケーション層の通信プロトコルです。

注意: NAS ドキュメントに記載されている SMB は、Alibaba Cloud NAS でサポートされている SMB 2.0 以降のバージョンを指します。

特徴

NFS と比較して、SMB プロトコルは Windows クライアントに適しています。Windows の多くのバージョンでは、SMB プロトコルを完全にサポートし、ほとんどの Windows アプリケーションは変更せずに SMB プロトコルを通して NAS にアクセスすることができます。Windows クライアントのファイル共有システムとして SMB を使用することを推奨します。

NAS の SMB サポートは次の機能を提供します。

  • SMB 2.0 以降のバージョンをサポートしており、Windows Vista、Windows Server 2008、およびそれ以降の Windows すべてに対応していますが、Windows XP、Windows Server 2003、およびそれ以前のバージョンはサポートしていません。主な理由は、SMB 2.0 以降のバージョンと比較して SMB 1.0 は、大きな設計上の違いがあり、性能・機能に重大な欠陥があることと、Microsoft は、SMB 1.0 しかサポートしていない古いバージョンの Windows を、もうサポートしていないことからです。

  • ファイルシステムの容量とパフォーマンスは、単一のネームスペースで線形に拡大縮小できます。単一ファイルシステムは、最大容量として、ペタバイトサイズのデータを 10 億個まで持つことができます。

  • SMB は、ユーザーデータのプライバシーを保護するために、VPC およびクラシックネットワークでのセキュアなアクセス制御をサポートします。SMB は、マウントポイントの権限グループを提供し、コンソールアクセス (管理 API) は RAM をサポートしています。

  • アクセス方法: 各マウントポイントは 1 つの共有のみを提供し、myshare という名前とします。この SMB 共有にアクセスするために\\mount_point\myshare を使用することができます。クラシックまたは VPC のネットワークで複数の仮想ホストが、同時に同じ SMB ファイルシステムにアクセスすることができます。

  • NFS と同様、SMB は同じ分散型で高可用性の基本ファイルシステムに基づいているため、同じ SLA を提供します。ファイルの数と長さの制限はまた、NFS と同様です。

パブリッククラウド環境と従来のエンタープライズ環境は、特にクライアントの多様性と複雑さの点で異なります。いくつかの SMB 機能がサポートされていません。これらのサポートされていない機能は、ほとんどのアプリケーションの動作に影響を与えません。次の機能が非サポートです。

  • Linux クライアントによるアクセス

  • NFS と SMB の両方から同じファイルシステムへのアクセス、および WAN 経由で SMB ファイルシステムへの直接アクセス

  • ファイルとディレクトリの ACL (ファイルシステムの ACL はサポート)

  • 拡張ファイル属性および Oplock、ならびにリースベースのクライアントキャッシュ

  • スパースファイル、ファイル圧縮、NIC ステータスクエリ、リパーズポイントその他の IOCTL/FSCTL 操作

  • 代替データストリーム

  • SMB ダイレクト、SMB マルチチャネル、SMB ディレクトリリース、永続ファイルハンドルその他、SMB 3.0 以降のバージョンで提供されるプロトコル機能