GPU インスタンス (gn5、gn5i、および gn6v ファミリーで使用可能) に OpenGL が必要な場合は、インスタンスに GRID ドライバーをインストールする必要があります。 gn5、gn5i、および gn6v インスタンスの NVIDIA GPU (P100、P4、V100 など) に付与された NVIDIA GRID ライセンスは、OpenGL のグラフィックス要件を満たすことができません。 ただし、GRIDドライバーの試用版を使用して要件を満たすことができます。

ここでは、GRIDドライバーをインストールし、Ubuntu 16.04 または CentOS 7.3 を実行している Linux GPU インスタンスにデスクトップ環境をデプロイする方法について説明します。

Ubuntu 16.04

このセクションでは、Ubuntu 16.04 64 ビットを実行する GPU インスタンスに GRID ドライバーをインストールする方法について説明します。

前提条件

  • gn5、gn5i または gn6v インスタンスが作成されている必要があります。 詳しくは、「 GPU を使用した計算最適化インスタンスの作成」をご参照ください。 インスタンスがインターネットにアクセスできる必要があります。
    NVIDIA ドライバーがあらかじめインストールされているマーケットプレイスのイメージではなく、パブリックイメージの使用を推奨します。 パブリックイメージ以外では、インスタンスの作成後に Nouveauドライバーを無効にする必要があります。 Nouveau ドライバーを無効にするには、/etc/modprobe.d のディレクトリに nouveau.conf という名前のファイルを作成し、blacklist nouveau をファイルに追加します。
  • ローカルマシンに VNC アプリケーションがインストールしてある必要があります。 この例では、VNC Viewer が使用されています。

GRID ドライバーのインストール

GRID ドライバーをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Linux インスタンスに接続します
  2. 次のコマンドを順番に実行し、システムをアップグレードして KDE をインストールします。
    apt-get update
    apt-get upgrade
    apt-get install kubuntu-desktop
    
  3. reboot を実行してシステムを再起動します。
  4. 再度 Linux インスタンスに接続し、次のコマンドを実行して NVIDIA GRID ドライバーパッケージをダウンロードして解凍します。

    NVIDIA GRID ドライバーパッケージには、さまざまなオペレーティングシステム用のドライバーが含まれています。 Linux OS の場合は、[NVIDIA-Linux-x86_64-390.57-grid.run] を選択します。

    wget https://nvidia-driver.oss-cn-huhehaote.aliyuncs.com/NVIDIA-Linux-x86_64-390.57-grid.run
    
  5. 次のコマンドを順番に実行し、プロンプトに従って NVIDIA GRID ドライバーをインストールします。
    chmod 777 NVIDIA-Linux-x86_64-390.57-grid.run
    . /NVIDIA-Linux-x86_64-390.57-grid.run
    
  6. nvidia-smi を実行し、インストールが成功しているか確認します。
    次のメッセージが表示された場合、ドライバーは正常にインストールされています。
    ドライバーが正常にインストールされたかどうかをテストします。
  7. ライセンスサーバーを追加してライセンスを有効にします。
    1. cd /etc/nvidia を実行し、/etc/nvidia ディレクトリへ移動します。
    2. cp gridd.conf.template gridd.conf を実行し、gridd.conf という名前のファイルを作成します。
    3. ライセンスサーバーに関する以下の行を gridd.conf ファイルに追加します。
      ServerAddress=116.62.19.179
      ServerPort=7070 
      FeatureType=2
      EnableUI=TRUE
      
  8. コマンドを実行して x11vnc をインストールします。
    apt-get install x11vnc
    
  9. lspci | grep NVIDIA を実行し、GPU BusID を確認します。

    この例では、GPU BusID は 00:07.0 です。

  10. X Server 環境を設定し、システムを再起動します。
    1. nvidia-xconfig --enable-all-gpus --separate-x-screens を実行します。
    2. /etc/X11/xorg.conf を編集します。 GPU BusID を Section "Device" に追加します。 この例では、BusID "PCI:0:7:0" is added
      GPU BusID を追加します。
    3. reboot を実行してシステムを再起動します。

インストールの確認

GRIDドライバーのインストールを確認するには、次の手順を実行します。

  1. 次のコマンドを実行して GLX アプリケーションをインストールします。
    apt-get install mesa-utils
    
  2. startx を実行して X サーバーを起動します。
    • startx コマンドが見つからない場合は、apt-get install xinit を実行してインストールします。
    • startx を実行すると、 hostname: Name or service not known エラーが発生することがあります。 このエラーは、 X Server の起動には影響しません。 hostname を実行してインスタンスのホスト名を取得し、127.0.0.1 の前にある hostname をインスタンスの実際のホスト名に置き換えて /etc/hosts ファイルを修正します。
      startx の実行中にエラーが発生します。
  3. SSH クライアントの新しいターミナルセッションを開始し、次のコマンドを実行して x11vnc を起動します。
    x11vnc -display:1
    
    次のメッセージが表示された場合、x11vnc は正常に再起動されました。 これにより、VNC アプリケーションを使用してインスタンスに接続できます。 この例では、VNC Viewer が使用されています。
    x11vnc を実行します。
  4. ECS コンソールにログインし、セキュリティグループにセキュリティグループルールを追加し、TCP 5900 ポート上でインターネットからの受信トラフィックを許可します。
  5. ローカルマシンで VNC Viewer を起動し、Public IP address of the instance:5900 と入力してインスタンスに接続し、KDE デスクトップにアクセスします。
  6. glxinfo を実行して、現在の GRID ドライバーでサポートされている設定を表示します。
    1. SSH クライアントの新しいターミナルセッションを開始します。
    2. export DISPLAY=:1 を実行します。
    3. glxinfo -t を実行すると、現在のGRID ドライバーでサポートされている設定が一覧表示されます。
  7. glxgears を実行して GRID ドライバーをテストします。
    1. KDE デスクトップで、デスクトップを右クリックし、[Run Command] を選択します。
    2. glxgears を実行してテストアプリケーションを起動します。 次の図が表示された場合、GRID ドライバーは正常に動作します。
      glxgears

CentOS 7

このセクションでは、 CentOS 7.3 64 ビットを実行する GPU インスタンスに GRID ドライバーをインストールする方法について説明します。

前提条件

  • gn5、gn5i または gn6v インスタンスが作成されていること。 詳しくは「GPU を使用したコンピューティング最適化インスタンスの作成」をご参照ください。 インスタンスがインターネットにアクセスできることを確認します。
  • ローカルマシンに VNC アプリケーションがインストールしてあること。 この例では、VNC Viewer が使用されています。

GRID ドライバーのインストール

GRID ドライバーをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Linux インスタンスに接続します
  2. 次のコマンドを順番に実行し、システムをアップグレードして KDE をインストールします。
    yum の更新
    yum install kernel-devel
    yum groupinstall "KDE Plasma Workspaces"
    
  3. reboot を実行してシステムを再起動します。
  4. 再度 Linux インスタンスに接続し、次のコマンドを実行して NVIDIA GRID ドライバーパッケージをダウンロードして解凍します。

    NVIDIA GRID ドライバーパッケージには、さまざまなオペレーティングシステム用のドライバーが含まれています。 Linux OS の場合は、[NVIDIA-Linux-x86_64-390.57-grid.run] を選択します。

    wget https://nvidia-driver.oss-cn-huhehaote.aliyuncs.com/NVIDIA-Linux-x86_64-390.57-grid.run
    
  5. nouveau ドライバーを無効にします。
    1. vim /etc/modprobe.d/blacklist.conf を実行し、blacklist nouveau をファイルに追加します。
    2. vim /lib/modprobe.d/dist-blacklist.conf を実行し、次の行を追加します。
      blacklist nouveau
      options nouveau modeset=0
      
    3. mv /boot/initramfs-$(uname -r).img /boot/initramfs-$(uname -r)-nouveau.img を実行します。
    4. dracut /boot/initramfs-$(uname -r).img $(uname -r) を実行します。
  6. reboot を実行してシステムを再起動します。
  7. 次のコマンドを順番に実行し、プロンプトに従って NVIDIA GRID ドライバーをインストールします。
    chmod 777 NVIDIA-Linux-x86_64-390.57-grid.run
    . /NVIDIA-Linux-x86_64-390.57-grid.run
    
  8. nvidia-smi を実行して、インストールが成功しているか確認します。
    次のメッセージが表示された場合、ドライバーは正常にインストールされています。
    ドライバが正常にインストールされた場合 CentOS_Test を行います。
  9. ライセンスサーバーを追加してライセンスを有効にします。
    1. cd /etc/nvidia を実行して /etc/nvidia ディレクトリに移行します。
    2. cp gridd.conf.template gridd.conf を実行して、gridd.conf という名前のファイルを作成します。
    3. ライセンスサーバーに関する以下の行を gridd.conf ファイルに追加します。
      ServerAddress=116.62.19.179
      ServerPort=7070
      FeatureType=2
      EnableUI=TRUE
      
  10. 次のコマンドを実行して x11vnc をインストールします。
    yum install x11vnc
    
  11. lspci | grep NVIDIA を実行して GPU BusID を確認します。

    この例では、GPU BusID は 00:07.0 です。

  12. X サーバー環境を設定します。
    1. nvidia-xconfig --enable-all-gpus --separate-x-screens を実行します。
    2. /etc/X11/xorg.conf を編集します: GPU BusID を Section "Device" に追加します。 この例では、BusID "PCI:0:7:0" が追加されています。
      GPU BusId を追加します。
  13. reboot を実行してシステムを再起動します。

インストールの確認

GRIDドライバーのインストールを確認するには、次の手順を実行します。

  1. startx を実行して X サーバーを起動します。
  2. SSH クライアントの新しいターミナルセッションを開始し、コマンドを実行して x11vnc を起動します。
    x11vnc -display :0
    
    次のメッセージが表示された場合、x11vnc は正常に再起動されました。 これにより、VNC アプリケーションを使用してインスタンスに接続できます。 この例では、VNC Viewer が使用されています。
    x11vnc を実行します。
  3. ECS コンソールにログインし、セキュリティグループにセキュリティグループルールを追加し、TCP 5900 ポート上でインターネットからの受信トラフィックを許可します。
  4. ローカルマシンで VNC Viewer を起動し、Public IP address of the instance:5900 と入力してインスタンスに接続し、KDE デスクトップにアクセスします。
  5. glxinfo を実行して、現在の GRID ドライバーでサポートされている設定を表示します。
    1. SSH クライアントの新しいターミナルセッションを開始します。
    2. export DISPLAY=:0 を実行します。
    3. glxinfo -t を実行すると、現在のGRID ドライバーでサポートされている設定が一覧表示されます。
  6. glxgears を実行して GRID ドライバーをテストします。
    1. VNC Viewer でデスクトップを右クリックし、[Run Command] を選択します。
    2. glxgears を実行してテストアプリケーションを起動します。 次の画像が表示された場合、GRID ドライバーは正常に動作します。
      glxgears