edit-icon download-icon

バックアップと復元のパフォーマンステスト

最終更新日: Dec 20, 2018

バックアップと復元のパフォーマンステストの注意

次のパフォーマンステストの結果は、参考用であり、SLA のパフォーマンスを評価するために使用しないでください。

はじめに

このセクションでは、複数のインスタンスタイプのバックアップと復元のパフォーマンスをテストします。結果は選択する際の参考としてください。

用語

  1. タイプ:DBS は、複数のインスタンスタイプをサポートしています。バックアップサーバーのCPU、メモリ、およびネットワーク帯域幅の設定に基づき、さまざまなパフォーマンスを提供します。
  2. RPS:バックアップと復元での、ソースデータベースの 1 分単位のレコード変更数を表します。これらのレコードの変更は、挿入、更新、削除などのデータ変更操作によって発生します。1 つの SQL 文に複数のデータ行に対する操作が含まれる場合、複数のレコードの変更が記録されます。同じレコードに対して繰り返し操作が実行されると、複数のレコードの変更が記録されます。各コミット操作も、1 回のレコード変更と見なされます。

テストモデル

テスト手順:テストデータベースとして、ApsaraDB for MySQL インスタンスを作成します。バックアップ計画を作成し、完全バックアップと増分バックアップを有効にします。テストデータベースをバックアップし、バックアップセットを OSS に保管します。バックアップセットを使用して、テストデータベースを復元します。

テスト環境:

データベース構成 設定
タイプ 一般的な ApsaraDB for RDS インスタンス
メモリ 2,400 M
CPU 8-core
IOPS 1,200

テストデータ:

  1. データベースサイズ: 102 GB
  2. 総レコード数:1.5 億
  3. 各レコードのサイズ: 100〜1 K
  4. フィールド数: 3〜22 列
  5. フィールド型:基本的な MySQL データ型

テスト結果

完全バックアップ

注意:バックアップソースデータベースに含まれるテーブルが多すぎると、テーブル構造の復元に時間がかかることがあります。各データベースには、最大で 10,000 テーブルを保持することを推奨します。また、バックアップソースデータベースに、プライマリキーのないテーブル、文字列型プライマリキー、または複合キーのテーブルが含まれていると、バックアップ処理が遅くなる可能性があります。

インスタンスタイプ RPS MBPS
large 42855.76 15.31
medium 33122.27 11.83
small 9569.36 3.42
micro 6756.23 1.96

増分バックアップ

インスタンスタイプ MBPS
large 46.11
medium 29.82
small 14.93
micro 5.02

完全復元

注意:ターゲットデータベースに含まれるテーブルが多すぎると、テーブル構造の復元に時間がかかることがあります。各データベースには、最大で 10,000 テーブルを保持することを推奨します。

インスタンスタイプ RPS
large 34190.55
medium 19740.97
small 9949.45
micro 4320.22

増分復元

インスタンスタイプ RPS
large 35546.97
medium 21331.45
small 10061.58
micro 4972.12